Macintoshの最近の記事

2008年12月 8日

Macbook を購入しました

週末ってーとソファに腰掛けてMBPを膝に乗せ、iTunesで音楽を聴きながらWeb見たりモノ作ったりという感じで過ごしているわけですが、これがまた負荷が掛かってくると外人さんのように「タマを火傷しちまうぜ!」とジョークの一つも吐きたくなる発熱っぷりなのです。
ビデオチップが本気で動かない限りは大丈夫なのですが、本気で動いてしまうような状況(つまりはビデオチップのデコード支援を利用しながらの動画再生だったり、ネットゲーだったり)では、汗ばむどころか火傷が心配になるほどの温度になります。

Windowsのデスクトップ機もそろそろCPUが三世代くらい前になってしまったことですし、電気代ばかり掛かって遅いだけのPCならこの際利用をやめて、MacbookProをメインPCとして利用し、ノートは新調することにしました。で、あんまり熱くならないという話の新Macbookを週末の友(兼おでかけ用PC)にしようかと。

というわけで、ほとんど移動がなくなるMacbookProはこんな感じで冷却することにしました。

R0010887.JPG

これはひどい。

音楽再生時はMacbookProのスピーカーがギリギリ聴ける最低ラインだった訳ですが、新MBのスピーカーは健闘しているもののやはり長時間のリスニングには堪えない感じです。AirMacExpressへ飛ばすという手もあるのですが、もう少し自由度の高い手段がないかどうか調査中。BTだとモノによっては距離が厳しいかもしれず。

2008年10月29日

今更 iPhone を買ってみました

iphone081029.jpg

そろそろ自分の時間をクリエイティブなことに使うべきかなと思ってみました。
どっぷりハマれるようなネットゲーも無いですしね。(主にそっちが理由)

とりあえずはいろんなアプリを使ってみることにします。既に存在するものを作っても面白くないですしね。

2008年6月12日

ニュース2つ

ぷらっとホームの本多のオヤジさんが逝去(slashdot.jp)

まだ若かったのに逝ってしまわれましたか。ソリティアやってる姿もそうですが、お店で探し物をしているとすぐに声を掛けてくれたのを思い出します。人柄の良さもあって、界隈では「ぷらっとの会長(or 社長)」ではなく「本多のオヤジ」と親しみを込めて呼ばれていましたね。(本多通商の頃のイメージもあるのでしょうが。)

個人的にもかなりお世話になった店だけに、非常に残念です。合掌。


iPhone新機種 ドコモ発売可能性なし(日テレNEWS24)

こちらも残念。
せっかくAppleがレベニューシェアをやめてインセンティブモデルにしたのに、日本ではこの1年でそれがダメになってしまった訳で。タイミングが悪かったですね。

様子を見て通信速度に問題がなければ(その前提からして難しいとは思いますが)、サブ回線で契約しますかね。そうなったらdocomoの定額はキャンセルってことで。

2008年6月 4日

iPhoneはソフトバンクから

仕事中なので簡潔にシリーズ。

「iPhone」について - ソフトバンクモバイル株式会社

SBの貧弱なネットワークで、トラフィック捌けるのか、これ。
DoCoMoも継続して検討を進めていくとのことで、そっちが出たら買うよ、うん。

2008年5月19日

MBPサーマルグリス塗りなおし

35万円のアルミの湯たんぽ、もといMacbook Proがやたら熱をもつという問題で、今まで冷却台に載せる等して対策を施してきたものの、どれもイマイチ。そもそも平均温度が高すぎるのが問題で、ファンが回っても温度が下がらないのはきっちり放熱ができてないからでは、と予想してみました。
で、調べてみるとサーマルグリス(シリコングリス)の塗りすぎ問題ってのがあるらしいです。

というわけで速攻で分解。

R0010549.JPG

ビフォー

あー、むっちゃ塗りすぎかと言われるとそれほどでもないけど、確かにちょっと層が厚すぎるようで。


R0010555.JPG

アフター

薄いプラ板(使用済みテレカ的なもの)で伸ばしながら、少しでも触れたら地金が出るくらいの厚さで塗布。塗布するのはダイの上だけで、ヒートシンクは磨くだけ磨いて何も塗らずに固定します。あとは垂直にヒートシンクと接触させ、それなりの圧力で固定すればおk。少しでもズラしたらやりなおしです。

30本くらいのビスを着脱して得た効果ですが、落ち着いているときの温度が55度→40度程度になりました。高負荷時の温度は75度前後で、これはもうクーラーの熱容量が小さいのでほとんど変わりません。80度を超えると爆音モードになりますが、その一歩手前で頑張れるようになったので判りやすい成果は出てくれましたが。
シリコングリスも結局は熱抵抗なので、薄くできるなら極力そうしたほうがいい訳です。精度の高いガラス(例えば顕微鏡に使うスライドガラスとカバーガラス)を乾燥した状態で貼り合わせると吸着する現象を小中学校の理科でやったのを覚えている人も居ると思いますが、理想は完璧に平面研磨されたシンクとダイを完全に密着させて熱伝導率を限りなく上げることなのです。とはいえ、そんなものを安く量産なんてできるはずもないので、一番の熱抵抗になる空気を排してグリスで埋めてしまうというのがシリコングリスの役割です。シリコングリスで表面の凹凸を吸収できれば十分なので、薄く塗るのが鉄則な訳です。かといって薄すぎても危ないので、こればかりは多くの焼け焦げたCPUを観察して経験値を上げるしかないと思います。シリコングリスをごってごてに塗ってAthlonを焼き飛ばしたお客さんを見ていた身としては、ある意味懐かしさを感じました。(厚さ2mmくらい塗って、シンクの固定も甘かったので無理もないですね)

工場で量産するとなると粘着シールになったグリスを使わないと無理なんで、どうしても塗布面がぶ厚くなってしまうんです。仕方ないですね、こればっかりは。

2008年4月22日

自宅環境

そういえばMBPを買ってから写真に残してないな、と思ったのでぱしゃり。

R0010442.jpg

仕事を終え自宅に帰ってくるとこんな感じの環境で遊んでおります。MBP持ちなら気になるであろう冷却台はZM-NC2000で、回転数を最低にしてもそれなりに冷却してくれる上に騒音も気にならないレベルです。そもそもヘッドフォンで耳を塞いでいるので爆音でも構いやしませんがね。自作やってる人ならご存知の方も多いであろうZalman製なので、工作精度も満足のいく水準です。

キーボードは無刻印のHHKPro2、マウスはLogicoolのVX nano。ノートとの組み合わせでこれ以上の最適解は今のところ見当たりません。自作AT機はRealforceとMXR(会社でも同じ組み合わせ)で、無接点スイッチとLogicoolにどれだけ金掛けてんだって感じですね。全く反省はしていませんが。

ネットゲーをやるときはキーボードをIBMのTravelKeyboardに差し替えてWindowsを起動しますが、ほとんどの場合は24インチモニタの繋がっている自作AT機の方で起動するので、あまり出番はありません。TravelKeyboardに未だに慣れてないというのも原因の一つ。つまりもう一枚Realforceを買えということですね、わかります。

今日はオールボージュビリウムスをやりながらコードを眺めておりました。書きながら良い眠気がやってきたのでこのまま寝まs

2008年3月 3日

iSCSI(2)

土曜日にExpress5800が届き、HDDその他を増設してすぐさまCent5.1をインストール。どうにもHDDが遅いと思ったらSerialATAがCompatible(レガシーエミュレーション?)で動いていたので、BIOSから [I/O Device configuration ] → SerialATA : SATA Controller Mode Option → [ Enhanced ] と設定。3MB/sec しか出ていなかったのが、スペック通りの 60MB/sec くらいは出るようになりました。

インストールを終えて設置をした訳ですが、改めてマシンをよく見てみると・・・これ1万4000円とは思えないほどイイ出来です。シャーシもきっちりエッジが処理してあるのは勿論、整備性も良くエアフローもばっちり。写真とかはよそ様のページで見つけたのでリンクを張っておきます

ietd の設定はこのへんとかこのへんを参照してもらうとして、実際どーなのよというところをまとめてみます。

続きを読む: iSCSI(2)

2008年2月29日

iSCSI

去年のクリスマスにHDDをぶっ壊して以来、バックアップが何よりも重要だと改めて再認識しました。そこでMacメインな私は当然のようにTimeMachineを使おうかと考えて居た訳ですが、TimeCapsule以外のネットワークストレージに対応してないというステキ仕様なのです。せっかくのラップトップなのにUSBストレージがないとバックアップできないとなると、そもそもバックアップの頻度が下がりまくって全く用を成さなくなってしまいます。面倒なものほど「いつの間にか終わってる」という感覚で使えないと人間サボってしまうものです。

続きを読む: iSCSI

2008年2月26日

新MacBookPro

大方の予想通り、マイナーチェンジでしたね。
タダでさえ公称スペック以下のバッテリ動作時間が1時間減っていますな。週末の大半はワイヤレス状態のMacとごろごろしているので、この点に関してだけは急いで正解だったかもしれませんねぇ。

他は実機レポを待ってみることにします。

2008年2月22日

MacBook Pro 購入

なんとなくジェスチャー対応パッド+Core2ExtremeなMBPが出そうな気もしますが、待ってるのもいい加減飽きてきたのでさっくり購入してまいりました。机の上から漂っていた圧迫感がかなり解消されて良い感じになっております。
買ってきたのは15インチ版の2.4GHzで、目論んでいた iMac + Macbook という役割をうまく果たしてくれそうです。つーかビデオ性能からしてメインで使ってる自作PCに載っているX1650PROより速いんですがね!

普段は机の上で使いつつ、たまにごろごろしながら使えればいいなという要件だった訳ですが、MBPは明かりの落ちた寝室でごろごろしながら使うのに最適。寝転がっていてホームポジションが取れないときに活躍するキーボードバックライト、周辺が暗くなると自動的に輝度を落とす液晶、(それなりに)静かな冷却ファン、($1000ノートよりは)いい音のスピーカー、(家の中でなら)持ち運びが苦にならないサイズ、(スペックからみれば)長持ちするバッテリーという各要素がこの快適さを実現してくれています。括弧書きが多いのは気にしたら負けです。

これで持ち運びはほぼ諦めないといけなくなりましたが、emobileのエリア展開をみつつ、ある程度全国で使えるようになったらUMPCを新しく買うことで持ち運ぶシチュエーションに対応したいところです。それなりに売れているEeePCの8GB版を待ってみましょうかねぇ。

と思いながらemobileのエリアを見ていたら、しっかりうちの田舎がカバーされておりました。こんなところにまで・・・。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうちMacintoshカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはInternetです。

次のカテゴリはmixiです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。