« 納車までの検討リスト | Home | さてさて »

2009年8月17日

国旗を切り刻む人たち

さて、例によってあまり主義信条は書かないようにしているこのウェブログですが、どうにも我慢し難い事件がありましたので、手短にエントリさせてもらいます。

国旗切り民主党旗、首相「許し難い」...鳩山代表は謝罪 via Yomiuri Online

今回の選挙で自民には入れられんので飛沫政党にでも入れようかと思っておりましたが、日本国旗を切り刻んでしまったとあっては民主に勝たれるのはちょっと困ります。

国旗を切ったら怒られるなんてのは小学生だって分かってる話な訳ですよ。この際、個人の主義信条はどうでもいいんです。国旗が嫌いな人も居るでしょう。しかし、それをやったら常識的に国旗に一定の敬意を払っている有権者の票を失うという事に、数多居たであろう党員の誰か一人くらいは気付いて欲しいのです。

自身の国旗へ対する感情はとりあえず横に置いておいて、「まずはゴールである政権交代を目指し、一丸となって努力していきましょう」、「自民にツッコまれるような事のないように、脇は固めていきましょう」・・・こんなのは選挙を戦うなら最低限のことでしょう。それすらできない奴に票なんざ入れられる訳がありませんし、政権を取られても困ります。仮に政権を取ったとしたら、次の相手は世界になる訳です。世論がコントロールできる国内ですら脇の甘さを指摘されているというのに、それで世界と渡り合っていけるのかは甚だ疑問です。

欲しいのは「合格点の答案」であり、「『80点しか出せない"良"の学生』を、『本人曰く、"優"だが素行は悪い学生』と交換する」というのは手段でしかなく、そんな事は誰も望んでいませんし、恐らく結果は赤点になるでしょう。

共産以外の「確かな野党」が欲しいです。切実に。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/670

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2009年8月17日 23:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「納車までの検討リスト」です。

次の記事は「さてさて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。