« 乗り換えます | Home | 国旗を切り刻む人たち »

2009年8月12日

納車までの検討リスト

今回は納車までたーっぷり時間があるので、夢が広がりすぎないよう決めたところは残しておきます。

  • ナビ選定
    ステアリングスイッチを生かそうと思うと、キットだけで5万。ポータブルにしてみる。
    候補は:
    • パイオニア AirNavi

      2ch評価は最低、価格comでもわりと酷い感じ。3D測位は得意らしい。車速も取れる。

      →思ったより遅くない。4年前の入門機と同レベルくらいか。パイオニアならではの、
         曲がる直前の音声案内もしてくれるようだ。
         ただ、タッチパネルの反応がむちゃくちゃ悪いので、動いている車内での操作は
         特に厳しいかも。
         助手席の人は自分でハンドル握ってないだけに、左右方向に振られがちなわけで。

    • パナソニック ストラーダポケット

      パナナビは起動時に喋るのがうざい。ポケットはどうなんだろ。

      →起動時は喋らず。というか音声とかUIとか、まんまイクリプス。委託したのかしら。
         画面例: パナ    イクリプス
         「ストラーダで培ったノウハウを集積した充実のナビ機能」・・・あれ?
         速度もUIのこなれっぷりも悪くない。
         動いているところ:http://www.youtube.com/watch?v=HM36tkXjlsY

    • サンヨー ゴリラシリーズ

      悪い評判は聞かないけど、3D測位だけは苦手っぽい。高速の高架下で乗ったり降りたりするなど。

      →8GBのフラッシュメモリって割には地図は大雑把。
         スクロールは評判通りのスムースさ。
         尺度の切り替えにやたらもたつくのが気になった。ボタンも迷ってると
         即消えるくせにボタンに割り当てられた尺度が毎回変わる
         (一番下のボタンが一つ下の尺度?)のは馴染めない感じ。
         しかし、そんな欠点すら吹き飛ぶほど魅力的な動作の軽さ。
    • ソニー Nav-u

      操作性が良い上にシンプルだが地図が残念らしい。酷道行く人には致命的ね。

      →誰だ操作性に優れるとか言った奴は。
         住所検索時に50音のインデックスボタンは出ないし、並び順も不明瞭
         (50音順だろうけど、明記なし)
         と思いきや、都道府県は北から順に並んでたり。なんなんだこれ。
         画面が大きいモデルは、情報量や機能を増やさずボタン面積を大きくしただけ。
         これもタッチパネルの反応がいまいち。
         地図のスクロールもできたりできなかったり。
         ねえ、ちょっと、どうなの。
  • というわけで、どれも決め手に欠ける。直前まで悩むんだろうな・・・。ストラーダポケット、もしくはゴリラでほぼ決定。買うタイミングで安い方かな。 ポータブルナビは盗難が多いらしいので、簡単に本体をカバーできる仕組みを用意。指で弾くだけでカバー完了ってくらいが理想。台座とかメーカーが分かる部分は徹底して隠す。


  • 灰皿

    今回はサッシに引っ掛けられないので、固定方法は考えてやらんといけないかも。


  • コーティング

    車体色をシルバーにしたので、コーティングしてもあまり面白みは無い。色褪せも心配ないが、クリアが薄いぶん、後からの修正が利かないので皮膜が厚そうなのを選んで、納車後半年以内に施行。


  • レー探

    ユピテルの2万弱くらいのをさっくりと。良さそうなのを探しておく。


  • ETC

    今乗ってるGTIから移植。機能的に何か良くなる訳でもないので。9月中旬までには外しておく。両面テープが間違いなく終わってるので、購入しておくこと。


  • その他アクセサリ

    たぶん何も出てないと思うけど、探すだけ探してみる。追加カップホルダーが地味に便利なので、発売されたら即購入で。


  • フォグのイエローバルブ化

    何を思ったかヘッドライトとの色違いは(黄色であっても)法令で禁じられたので、白いまま。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/669

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2009年8月12日 01:53に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「乗り換えます」です。

次の記事は「国旗を切り刻む人たち」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。