2009年3月アーカイブ

2009年3月29日

ディスクブレーキ交換

通勤快速号のリヤキャリパが逝ってしまったため、これを機に前後ともメカディスクから油圧にリプレースしました。

P1010194.jpg

例によって例のごとくやってしまったのですが、アメリカから輸入した関係なんでしょうけど、カンパと合わせてあるのか右レバーがリヤ、左レバーがフロントで、日本製の自転車やオートバイとは逆になってしまいました。そんな話を技師長がしていた気がしたんですが、注文時にすっかり頭から抜け落ちていたようで。

パニックブレーキ→左手で加減ができずジャックナイフ→顔面から着地 というパターンで年甲斐もなく大怪我したくないですし、来週にもブレーキホースの入れ替え作業をしないといけないですね。調べてみるとホースに噛ませる真鍮製のガスケットが変形してリザーバタンクと密着を稼いでいるようなので、替えを発注しないとダメそうです。1個20円とかなんだろうな。オイルも同時発注するので、それほど業者は嫌がらないでしょうけど。

2009年3月28日

思ったより混んでいない

これならどこかに出掛けてもよかったかなぁ。

日本道路交通情報センター:JARTIC

2009年3月27日

明日から土日は高速1,000円&今年の走破予定

というわけで、以前からETC深夜割引をフルに使って各地の酷道に行っていたのがバカらしくなるような制度が明日より開始されます。一気にETCを普及させたこともあってか、たまーにETCレーンで二進も三進も行かなくなっている車を見かけるようになりました。
盆やら正月やらは特に意味もなく一斉に行動し、大渋滞するのが目に見えているのに嬉々として飛び込んでいく国民性からして、明日も早朝からかなり酷い状況になるのではないかと予測しています。連休を利用するまでもない都市圏近郊へのドライブ、首都圏を例に挙げるなら・・・今の季節だと若干暖かいような(気がする)南房総方面や伊豆へ向かう車で高速が一杯になるんじゃないでしょうかね。

酷道が本格的にオープンするのは例年だと5月連休前で、今年の5月連休は久々の渋滞3桁kmが予想されているだけに、5月中旬以降に本格的に活動を再開しようかと考えています。梅雨の後は5月連休に間に合わせて整備した道路が雨で再度崩落している可能性もあり、最初に楢峠あたりから行こうかなと。無事開通すれば、ですがね。

その他予定しているのは:

R425
R458
R418(R157)根尾以北~温水峠
R265リベンジ

といったところでしょうか。余裕があれば杓子峠もリベンジしたいところです。

酷道は気候が不安定なので微妙ではあるんですが、バイクの免許も取ってそっちで行くのもアリかな、とは思っています。R439で一生分のキツい離合を繰り返したせいで、もう少しラクに回れたらなぁ・・・とか軟弱なことを考えていたり。確か45回くらい厳しい離合をしたはずで、うち10回はダンプやコンクリミキサー車でした。しかもその10回のうち半分は京柱峠で500mおきに連続で。生活酷道に平日に行くもんじゃないですねぇ。

2009年3月21日

花粉シーズン到来

何を食べても味がしないシーズンになりました。点鼻薬を使った後1時間程度は味がわかるのですが、効果が薄れてくるとともに、ちょっと発酵が進みすぎてアンモニア臭がしてきた納豆でも平気で食べられてしまう程、味覚嗅覚が鈍磨化されてゆきます。


wikipediaにまとまっていますが
、スギ花粉に限定して年間の医療費は2,860億円、労働損失は推定650億円だそーです。垂れ流すよりは、このお金で何か対策をしたほうがヨサゲではあるのですが、方法は無いんでしょうかね・・・。

鼻が詰まっている上に鼻炎薬の副作用で意識が朦朧として思考がまとまりませn

2009年3月18日

近況

以前から読書量が多めではありましたが、このところ技術情報だけでは何も生み出せないという当たり前の事実をひしひしと感じている事もあって、いろんな方面の本に手を伸ばしています。今後を見据えるという意味もあって最近はインフラ寄り、特に人文地理学/国土学(「国土学」と名前を付けて論じているのは大石久和氏だけ?)の本を適当に読み進めているところですが、意外と自分の仕事の範疇と被る部分が多く、当然のように得るものも多いなと。国が巨費を投じて、そして長期間に渉って続けてきた分野ですから、分析し尽くされ多くの事柄に対して暫定的な結論が用意されています。
暫定的な、というのは莫大な金が動く事業である以上、社会情勢が色濃く反映され、検討を行った時期によって結論が違ってきます。だからと云って必ずしも最新の書物だけが参考になるという訳ではなく、(そもそも「最新」と云っても書籍化するまでのタイムラグがありますし)古いものから新しいものまで、その時代の社会情勢を事前にある程度理解してから読み進めれば非常に価値の高い情報になります。

というわけで、なんか面白い本をご存知の方はご連絡くださいまし。
しっかし、人文系に限らず発行部数が少ないこういう本は高価くて泣けてきますね。Amazonで使っているカードの請求が毎月怖くて仕方が無い。

2009年3月 3日

手のひら返し

今日は雪の中客先へ出張でした。八王子の山間部だけあってお客様も早く帰りたいオーラを出しており、大急ぎで作業をしてみたり。状況はどうあれやらんといけない事は確実にやらんといけないわけで、とはいえお客様の心象ってものもあるので非常に難しいところではあります。

さて、期せずして早く帰宅ができたので久々にTV(地上波)を見ているのですが、手のひらを返したかのように民主叩きに転じていますね。だからといって与党叩きが終わるかと云えば、そっちは止めないわけで。とりあえず叩けそうなものは全部叩くほうが客受けはいいんでしょうかね。

事実を淡々と報じてくれればいいんですがねぇ。

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。