« いろいろと大変な時期ではありますが | Home | 【11/22 14:00更新】売りたし(いろいろいっぱい) »

2008年11月 4日

最近のTVアニメがエンコーダ泣かせな件について

友人と土曜の昼に飲む機会(!)があったので、Friioを買ったとかPT1買えなかったぜ畜生とかいう話をしていました。我が家ではエンコードが速攻で終わってしまうような画質でディスカバリーチャンネルを録りためているだけですが、次回の飲み代と引き換えに、とある映像の解析とエンコードを依頼されました。

今放映されているというCLANNAD(後編)がどーしても iPod touch 向けにうまくエンコードできないそうで。確か、前編部分の一括エンコードを寿司と引き換えにやって、設定メモを渡したはずなのですが・・・それでもうまくいかないと。
768kbps くらいでうまいことまとめてくれたら築地で寿司という話だったので、快く受けることにしました。どんだけ寿司好きなんでしょうね、私。

続く

さてさて、映像をみてみると0:38辺りから要求ビットレートが跳ね上がる感じです。更に0:43辺りから先は1Mbpsでも足りないくらいで、普通にエンコードしても文字やら顔の輪郭やらが破綻してしまいます。これ、作画も大変なんでしょうけど・・・なんともエンコーダ泣かせです。オープニングが過ぎると、後はラストの次回予告までどうってことない感じ。最近はこういう作品が多いのでしょうかね。
オープニングがショッキングな程綺麗に見えれば本編の粗さは気にならない、という独自理論に基づいて crf を使わず VBR で閾値を高めに設定して容量を稼ぐことにします。エンコードに掛かる時間はCPUパワーにモノを言わせる方向で、2PASSエンコードを前提とします。

利用する ffmpeg は最新版、動作環境は CentOS5.2 です。
インストールが違うと状況も変わってきてしまう ffmpeg なので、インストール時に参照した資料も載せておきます。こちら。(宗子さんサンクス)
この通りインストールすれば、同じように使える・・・はず・・・。

ffmpeg -y -i in.mpg
-deinterlace -vcodec libx264 -level 30
-flags +loop+4mv+aic+aiv+naq+gmc
-flags2 +fastpskip
-keyint_min 1 -sc_threshold 70
-qmax 51 -qmin 2 -partitions parti4x4+partp8x8+partb8x8 -qdiff 8 -g 300
-trellis 2 -bufsize 1024kb -mbd rd -cmp 2 -subcmp 2 -mbcmp 2 -refs 6 -subq 7 -me_method 3
-s 480x270 -aspect 16:9 -b 768kb -f ipod
-acodec libfaac -ac 2 -ar 44100 -ab 160k
-passlogfile log.log -pass 1 out.mp4

2PASS目は -pass 2 でおk
-qmin は 5~10でもぱっと見はわからんかも?

今回のポイントはアニメってこともあって、公式資料に則って -cmp 2 -subcmp 2 -mbcmp 2 として設定したところと、普段はあまり使わない -sc_threshold を大きめに設定し、シーン切り替え時に描画が破綻するのを防いでみたところ。GOPを大きめに取っている(ファイルサイズ節約)ので、かなりの効果が期待できます。

iPod で、且つ標準イヤフォンなら -ab 96k とかにしちゃっても分からないと思います。AACはビットレートが低めでも上手く誤魔化してくれますしね。お高いイヤフォンの人でも128kくらいでいいんじゃないでしょうか。

というわけで、寿司よろしく。 > 某氏

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/635

コメント(2)

CLANNAD、というかBS-iのアニメはHD制作のくせにTV局への納品がコンポジットってパターンが多く、放送画質がヒドいので有名です。
ドット妨害やクロスカラー出まくりなので、エンコ前の下地処理が勝負な気がします。まぁ、どうせいつかBD出たら速攻買うに決まってるので、σ(^^)自身もそこまで手間暇かけてはないんですがw。

TSのくせにソースからして終わってるなと首を傾げていたんですが、そういうことだったのですね。今回ばかりは AviSynth でフィルタを掛けてやろうかと思いましたw
(自分用だったら間違いなくそうしているでしょう。)

BD版を買うまではいかないですが、とりあえずソース解像度で見られる画質にして保存はしておこうかと思います。そっちは軽くフィルタ掛けた上で DivX6 デフォルト出力、1パスにしますが。H.264めんd(ry

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2008年11月 4日 02:20に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「いろいろと大変な時期ではありますが」です。

次の記事は「【11/22 14:00更新】売りたし(いろいろいっぱい)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。