« 【11/22 14:00更新】売りたし(いろいろいっぱい) | Home | ゲーマー用ノートン先生 »

2008年11月24日

明治宇津谷隧道に行ってきました

ブログエンジン置き換え記念、ムダに画像貼りまくりレポートです。

少し前になりますが、静岡県の明治宇津谷隧道にいってきました。


大きな地図で見る

utunoya-tunnel-1.jpg

坑門200m手前より遊歩道になっており、非常に鑑賞しやすい状況になっています。普段だと来るであろう一般車に怯えながら三脚を立てて撮影しないといけない訳ですが、今回は光量が少ない状態でも安心してじっくり撮影ができました。

整備状況からしても金掛けてる感たっぷりだったのですが、

utunoya-tunnel-2.jpg

文化庁さんありがとうございます、ということで。この隧道は日本初の有料道路だったのですが、今ではタダで通れるどころか、適度なヤレ具合のまま絶妙な状態を行政が保持してくれています。他でもやってくだs

utunoya-tunnel-3.jpg

さてポータルからして煉瓦感全開な訳ですが、もともとは素掘りの隧道でした。開通から数年でカンテラの火が保持構に燃え移り崩落、その後の改修で煉瓦巻きになったようです。

utunoya-tunnel-4.jpg

坑内両端の溝は恐らく近代、遊歩道化工事の際に追加されたものかもしれません。少なくとも隧道手前の部分は遊歩道化のタイミングで底溝が追加工事されたようです

utunoya-tunnel-5.jpg

当時のカンテラを模した電燈です。このあたりの演出がニクイ。

utunoya-tunnel-6.jpg

坑道側壁は下半分がイギリス積み、アーチ部分が長手積みという積み方になっています。残念ながらこれが何を意図しているのかは私には分かりません:-p フォロー求む。

utunoya-tunnel-6.jpg

扁額はこっちの静岡側坑口の方が見やすいのですが、ストレートに「宇津谷隧道」と記されています。

鑑賞するにあたって。
静岡側に3台ほど駐車可能な駐車場がありますが、この宇津谷峠は時代ごとに6つもの道路と3つの隧道が一度に楽しめる場所です。岡部町側のR1沿いに道の駅がありますので、そこへ停めてじっくり楽しまれると良いかと思います。長時間駐車で迷惑にならないように、効率よく攻略する必要はありますが。私は折りたたみできる自転車を持ち込んでさっくり鑑賞してきました・・・が、思ったよりも勾配が厳しくて若干邪魔に感じることもありました(笑

BD-1貯金でも始めようかしら。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/637

コメント(1)

そういえばコメントのテストしてなかった。

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2008年11月24日 16:32に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「【11/22 14:00更新】売りたし(いろいろいっぱい)」です。

次の記事は「ゲーマー用ノートン先生」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。