« CentOS5.2 で iscsi-target | Home | 今更 iPhone を買ってみました »

2008年10月25日

Sidewinder X6

ms-x6.jpg

昨日発売になった Microsoft の Sidewinder X6を買ってきました。さっくりと使用感などを。

続く

そもそもゲーマー向けのキーボードとして位置付けられている製品ではありますが、私自身それほどコアなゲーマーでもありません(最近はFPSもほとんどやらないです)。
ではなんでコレを買ったのかという話になるのですが、まあ・・・配列がマトモなテンキーレスキーボードを見ると、マニア的には黙ってそれをスルーするのは非常に苦痛だったりする訳です。病気ですね。

X6は厳密に言えばテンキーレスではないのですが、テンキーを取り外して利用できます。それだけの機構なら取り外した後テンキーは使われないまま倉庫へおざなりに保管されるか、ジャマになればゴミ箱直行な訳ですが、近くに置いておきたいと思える機能が付いていたり。

ms-x6-tenkey.jpg

S13キーにはデフォルトで電卓の起動が割り当てられていて、普段数値入力をしないユーザが一番使うであろう電卓をボタン一つで起動できます。これが痒いところに手が届くというか、気の利いた実装で「やるじゃんMS」と思わせてくれました。ネットゲーとかをやっていると、パーティーを組んだあとの清算をする際など電卓は利用頻度が比較的高いのです。がっつりハマっている時はステータスの計算やら前述の清算やらで電卓は起動しっぱなし。当然のように数値をガシガシ入力していくので、テンキーがあれば操作が若干楽になります。更にMSとしてはもしかすると苦渋の選択だったのかもしれませんが(笑)、Winキーも無反応に設定できたりします。ここに来て空気読んだ製品を作ってきたなぁと感慨深いものがあります。今までを見ていると。

ゲームから離れた時、例えばこうやって blog にエントリをする際など長文を入力するシチュエーションでもゲーマー向きキーボードの軽い打鍵感は手への負荷が小さく非常に快適です。また(一部を除いて)特殊な配列を嫌うユーザー層へ向けた製品ということもあって配列やキーピッチも申し分ありません。なので当然のようにコーディングにも問題なく利用できます。機器予算申請等でわりと頻繁にExcelで数値入力もしないといけない、けど普段スクリプトやら小さいプログラムを書く時はテンキーなんぞ邪魔だというインフラ系エンジニアが仕事に利用するにもヨサゲです。自費で買ってそのまま自宅に持って帰ってきたんですが、会社に戻したくなりましたよ。

個人的に残念なのはチルト用の脚がついていないこと。慣れや趣味の問題ではありますが、この部分は mod してやらないとダメかなと思っています。適当にゴム脚買って来て付けるだけですけどね。

購入価格は9700円弱(ポイント20%還元で実質7700円程度)と、ギミック満載で且つ許容できるタッチのテンキーレスキーボードとしては安価と言えるでしょう・・・たぶん。あとは継続生産してもらえることを祈るのみです。

SpaceSaverIIの故障から、TravelKeyboard2枚、RealForce2枚、Majestouch3枚、とキーボードに掛ける金額としてはかなり大きな投資をしてきましたが(気に入る前に予備を買わなきゃ金額は1/3でしたがw)、ここで一応の決着がつきそうではあります。
ま、ご存知の通り飽きっぽいので、例えば来月にロジクールから同種の製品が出たら速攻で予約購入してしまうと思いますが(笑)

mixi で古田さんにシアターPCでの利用にヨサゲな気がするというコメントをいただいたので、その点に関しても。ワイヤレスではないですし、USBケーブルも常識的な長さなので取り回しはちょっと面倒かもしれません。が、バックライトが無段階に調節でき、完全に消灯も可能なので試聴時に邪魔にならなそうなのは評価できます。調節ダイヤルは大きく、消灯した状態から点灯する際は手探りでも一発で操作できるでしょう。

しかし、侮れんなMS。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/631

コメント(4)

MSのハード部門は全体的に侮れないですね。キーボードも2、3枚使ってました。

そうか、これコードレスじゃないんですね。残念。ライトの電力がばかにならないからかな?

プログラマーやSEって、MS嫌いな人多くないですか(´・ω・`)?

古田さん:
ライトつけてると、キーボード全体がほんのり暖かくなります。けっこうな電力を食べているような気がしますね。
MSのハード部門は初代 Intellimouse 以降、楽しげなデバイスが無かったこともあり私の中では亡き者になっていました:-p

カミツレさん:
嫌い嫌い叫んでいる人の声が大きいだけでは。別に好きなわけでもないですが、かといって嫌いかと言われればそうでもないという感じで。
特定の製品が嫌われているだけで、坊主憎けりゃ袈裟までってことはないんじゃないかなぁ。たとえばVistaとか、Vistaとか、あとVistaとか。

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2008年10月25日 03:19に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「CentOS5.2 で iscsi-target」です。

次の記事は「今更 iPhone を買ってみました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。