« 今が稼ぎ時 | Home | ドアミラー修理(2) »

2008年8月16日

ドアミラー修理(1)

偏頭痛持ちなのです。
酷いときはトリプタンを飲んだりするわけですが、薬価がバカみたいに高いので常用はしておりません。

で、若干頭痛がする状況で車を車庫から出そうとした訳ですが、「ちょっと右に寄りすぎてるかなー」なんて思っていたら右側から物凄い音が聞こえ、振り向けばカバーとウィンカーの割れたドアミラーがあり得ない方向を向いていました。判断能力が落ちているときに運転すると、こーゆーことになります。
薬が効くまで待っていればよかったんですがね。車を走らせている間に効いてくるだろうと思っていたのがそもそもの失敗の原因でしょう。

golf-mirror-repair1.jpg

まあそんなことはどうでもいいとして、ぶっ壊れたからには直さないといけません。方法は3つ。

1. ディーラーに持っていって純正交換
2. 中古パーツをヤフオク等で買って純正交換
3. 自分でどうにかする

続く

まず1のディーラー頼りですが、余程金に余裕があるならまだしも下手すると両側セットで1つの型番になっている可能性もあって(ディーラーがお盆休みで未確認)、10万コースになる可能性もあります。恐らく未塗装の状態で本国からやってくるので、パーツ代だけでなく塗装代も考える必要があります。逆に、カバーだけを単品購入できる可能性もあるわけですが、今回はドアミラーウィンカーも割れてしまっているのでASSY交換せざるを得ないでしょう(たぶん)。というわけでパス。

2の中古パーツは完全に運頼みになります。同色の同型に乗っている誰かが、社外品にリプレースするか事故ってパーツを毟ってバラ売りしてくれない限り購入ができません。今回は出品が無かったのでこれもパス。解体業者にいくつか当たってみたものの、ほとんどの業者がお盆休み。電話が繋がっても「今は無いねぇ」という返事が返ってくるだけで残念ながら中古品の入手はできませんでした。

なので、DIY修理ということになります。

golf-mirror-repair2.jpg

削り方が中途半端なのは一応理由がありまして。「外車の塗装なんて激薄の塗膜が載ってるだけで、速攻で全部剥けるだろ」なんて思いながら作業をしていたら、想像を絶する厚さの塗膜に腕の筋肉を破壊されましt
イタ車とドイツ車を比べるなということですね。
で、丸ごとの塗装は諦めて周辺のみを適当に塗ることにしました。塗装が段になって大変な目に遭うかもしれませんが、もう気にしないことにします。とはいえ地が出ていないところも、塗装のアシ付け程度には削っておきました。

golf-mirror-repair3.jpg

割れた部分の裏側をプラリペアで補修。ここは見えないので適当にやってしまいます・・・が、後でまた割れてきても困るのでV字に溝を掘るだけでなく周辺も切り刻んでおきました。

とりあえず今日はここまで。あとはパテ埋め→プライマー→サフェーサー→塗装→仕上げですかね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/621

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2008年8月16日 23:08に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「今が稼ぎ時」です。

次の記事は「ドアミラー修理(2)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。