« FILCO、Cherry製スイッチ搭載のテンキーレスキーボード | Home | R289を走ってきました »

2008年7月 1日

酷道をゆく2

Amazonで予約可になってますね。付録のDVD映像は酷ラリの人提供とのこと。
「酷道をゆく」は第3版まで重版したそうでw 初版が積みあがってて、イベントで売り捌いていたのがまるで嘘のようですね。酷道の走行は十分な事前調査の上でお願いします。>最近始められた方
遠路はるばる来たとしても、状況次第では引き返す勇気が何よりも必要です。運転技術よりも。

「落ちたら死ぬ!」って看板がまるでギャグのように取り上げられてますが、あれ本当に落ちたら死にますんで。(今は該当部分は走れないけどw)首都圏から身近なR299ですら、運転誤ったら死ねるポイントがいくつもありますからね。

また、自分が走っている道路が1秒後に同じ形をしているかどうかなんて誰も保証してくれません。自分の車の重量が原因で崩れちゃうことだって十分にあり得ます。なので、十分に事前の情報収集をし、ここらへんを見た後で出発してください。↓

これ(ニコニコ)
これ(ニコニコ)

長雨の後、大雨の後、地震の後、妙に落石が多い、現地に行ったら山肌から泥水が噴出してたり(かなり危険)、近くの別の箇所が崩落してる・・・などなど、判断材料はたくさんあります。その辺りを頭に入れておいていただければと。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/614

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2008年7月 1日 01:03に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「FILCO、Cherry製スイッチ搭載のテンキーレスキーボード」です。

次の記事は「R289を走ってきました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。