« とりあえず現時点までのメモ | Home | 自転車関連ハマりネタ »

2007年10月10日

iPod touch 向けエンコード設定

iSquint の ffmpeg を利用する前提で下記オプションを使用。同じ映像ファイルを Windows マシンにもコピーしておいて、Xbox360 での再生にも利用。スカパーをアナログキャプチャした映像だったら、保存用も VGA で十分。

ffmpeg -i input-file.ext -bitexact -fixaspect -vcodec h264 -level 30
-flags +loop+4mv+trell+aic+aiv+naq+gmc
-flags2 +fastpskip
-trellis 2
-partitions parti4x4+parti8x8+partp4x4+partp8x8+partb8x8
-bufsize 1024kb -g 300 -qmin 18 -qmax 51 -mbd rd -cmp 3 -subcmp 3 -mbcmp 3
-dct faan -s 640x480 -aspect 4:3 -r 30 -b 768k -refs 6 -subq 7 -me_method 3
-crf 30 -directpred 3 -qdiff 6 -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 160k
-threads 2
-f mp4 output-file.mp4

・自前のスクリプトから切り出しただけなのでちょっとゴミ残ってます。コピペするなら注意。
・これで出力ファイルを iTunes に放り込めば、変換なしで iPod touch に転送される。
・出力ファイルは実質700kbps程度。
・-ab 160k は趣味。aacなら96kでも結構聴ける音になると思う。
・crf の効きっぷりは素晴らしい。25くらいでも結構イケる。
・512kでも結構見られる画質にはなる。
・threads 2 してもそんなに速くなった気がしない:-p
・dct の指定は適当。
・速度上げるなら -flags をひとつずつ外していけばおk 4mv と trell は残したい。
・それでも遅いなら partitions の設定をバッサリ切った上で、8x8だけ残すとか?
・-bf はQuickTimeでの再生と、その後のハンドリングに難有りなので指定しない。
・これをいじって -level 41 とかして、 -b 2048k とかすれば Xbox360 専用。(1時間で400MB程度)

C2D の Mac で再生時間の3倍くらい掛かるんで、後はバッチ変換用の Apple Script を用意しないとだな。最新のソースツリーを co してきて自前コンパイルした ffmpeg ならもう少し使えるオプションが増えたり速度も改善されてる(らしい)んだが、Macでのビルドに以前挑戦したときにすげー手間が掛かった覚えがあるので、ここはありものを有難く利用させていただくという方針で。

いくつかHD解像度のアニメもエンコードしてみたが、ビットレートが1M超えないと画質低下がモロ分かりで見てらんない。その辺は数を試せる人がヨサゲなオプションを出してくれると思うので、そっちを適当に探していただくということで。

そういやコピーワンス緩和で、アナログはコピー無制限になりそうな感じ。D端子経由でキャプればアナログなので、HDのままいけるのかな?ニュースをざっと読んだだけなので、まだ把握してなかったり。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/520

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2007年10月10日 01:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「とりあえず現時点までのメモ」です。

次の記事は「自転車関連ハマりネタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。