« 通勤快速号ブレーキパッド交換(2) | Home | NOD32 »

2007年6月10日

メイン機(Windows)買い替え

若干記憶があやふやではあるが、2003年頃から使っているASUS Terminator2ベアで組んでいたメイン機(Windows側)が、今朝気づいたら死んでいた。電源ファンから異音がしていたので、冷却が追いつかず電源が逝ってしまったのではないかと思われる。火事にならなくてよかった。
マシンが使えないのは非常に困るので、メモリも安いタイミングであるし、要所だけ押さえた低コストなマシンを本日中に1台組んでしまうことにした。

何の下調べもせずに、パソコン工房府中店へ。
なんとなくC2Dは高く見えたので、Athlon64X2、TDP65Wの4600+を軸に、メモリ2GB、HDDは1万円以下のSeagateならなんでも、ビデオはオンボード、電源は400Wで十分、光学ドライブはDVD-Rが読み書きできればなんでもOK、OSは業務で使うならまだしも、個人ユースなら今更XPを買う理由はない、ということでVistaHomePremium、という適当なスタンスで見積もってもらった。

で、
Athlon64X2 4600+
適当なノーブランドのPC2-6400のメモリ1GB x2
BIOSTAR TF7050-M2
サイズ N-880-BK
Seagate ST3320620AS
SONY AD-7170A
Vista HomePremium

という構成で7万強。
早速家に戻って組み立ててみたが、数年前に(恐らく)4桁は組み立てたであろう当時の自作PCと手順はほとんど変わらず、20分程度で組みあがった。すぐにOSのDVDを入れてインストールを仕掛けてみたが、マシンの性能が上がっているだけあって、OSのインストールは昔ほど待たされない印象である。

今回はベアボーンではなくパーツから組み上げたので、たまにパーツを入れ替えて長く使えそう・・・使えるといいな、というところである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/482

コメント(3)

俺も同じ様に買い替えを検討中・・・
でも予算は5万w

メモリ安いから組むなら今よー

組んじゃいましたか。
オイラはこの後の AthlonX2 を検討中だったりします。

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2007年6月10日 22:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「通勤快速号ブレーキパッド交換(2)」です。

次の記事は「NOD32」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。