« ビデオカード交換 | Home | アドテック、19,800円のLinux搭載ルーターキット »

2007年6月13日

米ペットフード リコール対象製品 並行輸入で国内販売

米ペットフード リコール対象製品 並行輸入で国内販売

ちょっと前に話題になった、殺鼠剤が混入しているペットフードがアメリカで流通してしまった事件。アメリカから日本法人を介さず輸入された並行品に、該当品があるのではないか、というお話が出ております。出ているのは1製品だけな訳ですが、ネット通販やホームセンターで並行品は比較的容易に入手でき、そういったショップが数多く存在するのは、通販を利用される方ならご存知かと思われます。それを全部調べたとは到底思えないので、ゴキブリ1匹見つけたら10匹居ると思えってなもんで注意することに越した事はないでしょう。生産時期まではわかりませんが、うちにもリストアップされている製品(innovaの並行試供品)がストックされているので、詳しく調べて場合によってはまるまる廃棄。

ネット通販で注文したモノはよーく調べてからの購入なんで、こういう人災に巻き込まれる可能性が飼い主の努力でいくらか軽減できるものの、試供品に関しては意図せず手に入るものだけに落とし穴になりかねませんな。

NHKに数時間ニュースとして上がっていたのに、いつの間にか下げられてますな。他のニュースメディアも揃ってスルーしているのが気に食わないところ。こーなってくると他もヤバいんじゃないかと勘繰ってしまって、中国製のペットトイなんかも、塗料やらに変なもんが混ざってそうで怖くて与えられません。しかもペットは言語を介して人間とのコミュニケーションができないので、毒物を摂取した後の処置は間に合わないことが多い訳で。生き物にリセットボタンもセーブ機能も無いので、死んだらおしまいですわ。

この件に関してまとめサイトがあったので、リンクしておきます。ご参考までに。
PetFood@Wiki

一次情報はこちら。
FDA発表のリスト

うちは一時期吉岡油糧を与えていたものの、アレルギー症状が出たので、アレルゲンを特定するまでは与えられない情況。頼めば材料からアレルゲンを抜いてくれるものの、それが何なのか分からないのでどうしようもない。今はロイヤルカナンを与えて様子を見ているところ。ホンジャマカ石塚バリになんでも美味そうに食べるので、何が好みなのかぜんぜんわからんのです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/485

コメント(2)

樹脂屋の親に言わせれば、国内製ペットトイも樹脂自体は中国製だったりすると、どんな添加物入ってるかわからんとのことですぜ。
国内でさえ、予想もしなかった添加物が「環境ホルモンだ」と騒がれて回収になったりするご時世。

((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2007年6月13日 02:52に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「ビデオカード交換」です。

次の記事は「アドテック、19,800円のLinux搭載ルーターキット」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。