« 駒ヶ根にいってきました | Home | タイヤも一皮剥けまくった頃なので »

2006年10月30日

音楽嗜好に合ったサービスを

随分前のことになるが、napster が日本でも始まった。iTMSよりは私の嗜好に合った音楽が多いようで、1週間のトライアルから正式登録へ。貯まりに貯まった m4p をどうするかという点は頭が痛いが、iTMSで再生しながら圧縮してしまうというツールが出ているようなので、音質は下がるだろうけどそれを使うことにしようかと。
邦楽を聴く人達はどーなのか知らないけど、洋楽をメインに、しかもチャート外が殆どってな私の嗜好なら、もう全然問題ない。しかも飽きるのが早いので、高い金払って買った音楽(CD含む)であってもずっと聴いてられるのは1ヶ月が限度。そのペースで音楽を買って行くと・・・言うまでもなく凄い請求が来る。しかも(カードの)請求が来る頃にはその曲に飽きている訳で、毎月のように残念感と戦うことに。
私が去年に買ったCDは全部で20枚程度、iTMSでの購入は400曲くらい。金額にして10万弱といったところで、その殆どが napster で聴けるようである。
とはいえ、サービス自体に飽きたら iTMS に戻るつもり。つまり音楽さえ聴けりゃなんだっていい、データに資産価値なんぞ無いという価値観での判断である。(残したいモノはCDを買う以外に選択肢なし)

当然ではあるが対応プレイヤーを買う必要がある。「携帯で聴けば荷物が一つ減っていいじゃない」そんな風に考えた時期が俺にもありましt(ry  いや携帯とメモリカードに合計4万なんて払えません。(SH903+microSD2GB)

というわけで amazon だけが妙に安い Gigabeat S30 にしようかと。ここ数年 iPod 以外の音楽プレーヤに触れていなかったので勝手はぜんぜんわかりませn

napsterの対応プレーヤは思ったより数が出ていない印象で、相変わらずDRM対応は各社が好き勝手にやっている様子。既に各社が束になって掛からないと iTMS + iPod に勝てない状況になっているってのに、何をやっているんだかね。妙に対応が良いのは自社で音楽販売をやってない海外メーカーだったりするが、iriverやらクリエイティブやらは黎明期にいっぱい買って、いっぱい酷い目に遭ったので、もう買わないのである。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/422

コメント(2)

Napster使ってみたら登録曲が僕にもものすごくあっていて、iPodを買うのを踏みとどまってしまいました。

ただ、対応プレイヤーで欲しくなるものがないのが問題だなぁ。

>カズンさん
プレイヤーメーカー各社とも、自社のレーベルに誘導したいが為にWindowsMedia DRM に対応する気が無いってのが原因ですね。Napsterも docomo と組んでしまっただけに、少なくともSONYやらパナソニックやらを口説くのは難しいのではないかと。

まぁ、暫く使う決心をした者としては、うまくやってほしいものです。

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2006年10月30日 18:09に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「駒ヶ根にいってきました」です。

次の記事は「タイヤも一皮剥けまくった頃なので」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。