« 積み残し消化中 | Home | 2005年アクセス解析 »

2006年1月 7日

まず疑うこと

◎大雪で自衛隊に派遣要請=道路除雪や雪下ろし-長野県

昔から大雨、大雪ってのは数年周期でどこかしらの地方を襲っていた。しかし近年になってそういったニュースを毎年のように聞く。単純に地球温暖化がどうのという話ではなく、全体的にバランスが崩れてきているのではないかなと思う。

備えよ常にってのはよく言われる事ではあるが、信頼できるものが少なくなってきている(昨年は建築物や交通手段の不祥事が明るみに出た年でもあったし)以上ある程度の自衛策を講じておくべきではないかと、このところいろいろ考えを巡らせている。いざ自然災害に見舞われた際に、信頼していたものに裏切られ、予想以上の損害を被るのは避けなければならない。なんで「疑え常に」って言葉もアリかなと。

つまり、ここで言う自衛策とは、知ること→選ばないことであり、利用しようとするサービスまたは製品を一度は疑って然るべきというものである。行き過ぎも良くないが、何でもかんでも無条件に受け入れるというのは良くない。

例えばコンビニで毎日買うものが決まっている人。毎日飲んでいるお茶、昼食のサラダの成分表示は見たことがあるだろうか。産地を気にしたことはあるだろうか。調理前の素材であれば産地は記載されているが、それが農薬にまみれた安い野菜や茶葉だったら?コンビニのウェブサイトなどを調べ、よく利用しているものなら調べておいて損はないはずである。

同様にして、住む家や乗る車、鉄道・・・は現実的ではないかもしれないが一度は疑って然るべきである。「よくわかんないけどコレでいいや」なんて選び方は、いつしか自分の首を絞める結果を招くはずである。自然災害の多くなってきた現在において、今まで信頼してきたものが本当に大丈夫なのかを再度確認してみてはどうだろうか。それは期待通りのものであるかどうかを。

「キムチ超こえぇー」とか言いながら松屋から出てきた奴を見て、書いても損にはなるまいと思った次第である。あんたそれ中国産牛肉・・・。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/325

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2006年1月 7日 02:36に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「積み残し消化中」です。

次の記事は「2005年アクセス解析」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。