« Intel搭載Mac購入 | Home | ジュースな酒 »

2006年1月12日

iMac(Intel) インプレ

体感的に Mac mini (1.5GHz Overclock + FirieWire外付けHDD) の倍速。アプリを起動した際に Dock で跳ねる回数が1/2ってところである。ただしこれはネイティブアプリの場合のみで、PPCアプリではそれほど速く感じない。
私はWebアプリ開発に使うのがメインなので、 gcc でコンパイルした Intel native なアプリを使うのがメインになる。恐らく現時点で Intel プロセッサ化の恩恵をフルに預かれる数少ないユーザになるのであろう。
現状では、旧来の PPC のみのアプリを使う向きには正直進められないところである。アプリが出揃うまで待った方が得策であろう。

というかですね。

これがしたかったのですよ。

P1010366.JPG

録って H.264にして、iTunesに登録しておいたHDDレコの中身を、FrontRowで寝そべりながら観る、と。以前まではPPCでのエンコーディングに気が遠くなるような時間が掛かっていた。仕方なくエンコーディングは Windows マシンでやって、終わったものをネットワークでコピーしたりして手間が倍増していたのである。次からは1台で全部できるようになるであろう。スマートでよろしい。

本音を言うと、録画から全部できれば更に良いのだが。どうも Apple はTVチューナに関して消極的なようである。ワールドワイドな製品だから、各国の放送に対応させるのはかなり大変なのだろうな。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/330

コメント(4)

windowsインスコできる?

BIOS相当のモノがなくてEFIなので、Vistaまではどうあがいても無理っぽいですな。x86 emulator を x86 環境でコンパイルしなおして利用するのがスマートっぽい。
Windows環境を手放せない人にとっては、「同時にWindows/mac が使える」環境でないと厳しいと思いまっせ。

やっぱり買ってたかw

で、本体よりも気になったのが横にある2台のディスプレイ。
これが例の・・・。あやしい部屋だw

液晶のサイズが小さいんで、20in. 液晶を並べている某氏には負けますw
いまは液晶になって随分と部屋が広くなりましたが、昔はブラウン管が3台並んでいたわけで・・・。マルチディスプレイ環境は快適ですよ(・∀・)
左から Windows マシン、iMac、iMacのセカンダリです。

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2006年1月12日 23:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Intel搭載Mac購入」です。

次の記事は「ジュースな酒」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。