« あの人が逮捕された訳で | Home | Intelバイナリ入手先 »

2006年1月26日

702NKII購入

ちょっと前になるが、vodafone の 702NKII を購入した。古田さんと「持ち物がカブってるよね?」なんて話をしたが、まさにその通りで 二人ともW31T(黒)と702NKIIという2台体制(実際は会社のD901iSがあるので3台)になっている。昨日ご一緒させていただいた際に、端末を取り違えて帰らないかとヒヤヒヤしたものである(一部誇張気味w)

# bluetoothが使えるのこれしかないし:-(

ちょっと寝かせておいたのは忙しいから、というのもあるが18日からサービスインした「vodafone オフィスメール」あってこその端末ではないか、という意図があってのことである。

vodafone オフィスメール」は702NKII専用のアプリで、定期的に、設定したメールサーバにPOP3を掛けてヘッドライン(サブジェクトと本文の頭を少しだけ)を引っ張ってくるという挙動をし、読み進めたいものに関してはDL要求を出せば数秒~数分で全文が届くようになっている。メール送信時にSMTPサーバを選べるので、「携帯でメールは読めても送信時に...@t.vodafone.ne.jpじゃイヤ」ってところも解決している。(ただし、POP before SMTPできるのかはまだ試してない)ちなみにこのサービスからの通信料はパケット定額を適用できるので、毎日のメール送受信がヘビーな人にも向くんじゃないかと。
auでは定着したフルブラウザも一応使える。「一応」ってのはパケット定額の対象外、さらにブラウザ自体もサポートが受けられそうなものは商用アプリである。

個人的な視点からの評価は、「vodafoneの3Gエリアに今では若干の不安はあるものの、外出先でのメッセージングをすべて集約できそう」だが、「通話品質と定額制フルブラウザのメリットを考えると、まだauの契約は切れない」というのが正直なところ。通話から何から全部移行しちゃっても平気って判断はまだできない。当面、auのほうは契約内容を見直して一番ミニマムな契約&デュアル定額にしておいて、フルブラウザを使う時と、毎月数分しかないが自分から電話を掛けるときに使用する・・・なんて運用を考えているけど契約内容更新は全然進んでいなかったり:-p
フルブラウザに関しては、「ちょっと中途半端だよなー」という気がする。サービス面からのフォローも含めて、この辺りは是非ボーダフォンの中の人にお願いしたい。

端末自体の質感は悪くない。が、実際に起動してトリッキーなメニュー構造、階層の深さを目の当たりにすると、有る程度用語などの面で標準化されている国産端末と比べて使いづらいという評価をされても仕方がないかもしれない・・・が、慣れればどーってことない。是非ノキアやボーダフォンの人にお願いしたいのは分厚くてよくわからんマニュアルじゃなくて、「やりたいこと」から逆引きできるFlashか何かで作ったインストラクションムービーの類を作っていただけないかと。それがあるだけで、かなり違ってくる。

その他PDA的な部分に関しては既に発売から1月程経っていることもあって他の人のレビューの方が参考になりそうだが、WindowsともMac(非公式サポート)ともシンクロができる。詳しくはこちらなどを参照されたい。

交換用フェイスプレートは検索すると数箇所販売しているサイトが出てくるが、それはまたこんど。ヤフオクで10,000円近くの値がついているけど、定価は2,100円だからなぁ。いい商売だわ。

まあ引き続き気が向いたら関連記事を書いていこうかと。メニュー構成が複雑なだけで、その他機能は充実してるし、良い端末っすよ。新規で13,000円(某超大型家電量販店では2年契約を条件に6,000円での販売)っていう値段も素晴らしい。

W-ZERO3の騒ぎもあったし、国内でもスマートフォンに対するニーズが少なからず存在するというのは明らかになった、というか機が熟したのかな。他キャリアの動向も気になるところだが、少なくとも私が契約している間はVodafoneに702NKIIをガンガン売ってもらい、ついでにフルブラウザも定額にしてうまく商売を続けていただきたいところである。個人的な理由しか書いてないように見えるかもしれないけど、まさにその通りなので言い訳はしないことにしておく(笑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/335

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2006年1月26日 22:47に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「あの人が逮捕された訳で」です。

次の記事は「Intelバイナリ入手先」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。