« iTMS Japan キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! | Home | iTMS利用状況 »

2005年8月 4日

Mighty Mouse review

mighty-1.jpg
銀座 Apple Store は 本日の iTMS の発表もあってか大混雑。入手は難しいと思われたが、19時現在での在庫は見た感じ10個ほどあり、私の後に続いた人が皆 Mighty Mouse を持ってレジに並んでいたので、滑り込みセーフだったのかな?
なにはともあれ本日、無事に Mighty Mouse を入手できたのでかるーくレビュー。

mighty-2.jpg
箱を開けてみると例によってちゃんと梱包してある。単に段ボールそのまんまの梱包じゃないあたりは物欲系の人からすれば「わかっていらっしゃる」、という感じである。同梱されているのはドライバCDと保証書、保証の説明冊子(英語)、ユーザーズガイドである。

mighty-3.jpg
サイズは今までの純正マウスとほぼ同じサイズだろうか?手持ちがないので比較対象はタバコの箱になってしまったが、喫煙者な方はご自分のタバコと今までのマウスを比較した上で写真を見ていただければだいたいのサイズが分かるだろう。重さも今までのものと大差ない。

mighty-setting.jpg
ドライバCDは readme とドライバパッケージの2ファイルのみ。Windowsマシンでマウントしてもファイルは見えないので、Windowsでは標準HIDデバイスとして認識させて利用することになる。

とりあえずMacで動かしてみる。
設定画面を見れば一目瞭然、左右ボタンとボール(ホイール機能)、サイドボタンの4機能マウスとして動作する。中央のボールを境にして左右どちらに指を置いているかを認識し、指が置かれている方向のボタンが押されたと認識して動作するようになっている。ボールに指を置いて押せば3ボタンマウスの中ボタンとして動作するのは通常のホイールマウスと同じ挙動である。
サイドは片方側を圧迫しても認識されず、両方を摘んだ場合も少し強めに押す必要がある。よってマウスパッドの端っこまで行ってしまってマウスを摘んで中央へ戻す時に、誤動作することはない。マウスを持ち上げる際に必要以上に握りしめる人がいれば、誤動作するかもしれないが:-)
カーソル飛びもないし、小さい動きにも追従するのでちょっと奇をてらった機構でありながら基本的性能に問題はないようである。個人的なところではあるが、ボールの反応がいまいちなので、少し早めにしたほうがいいかな、と思うことはある。
スクロール機能は縦横方向は比較的問題なく動作するが、斜め方向はちょっと操作にコツが要るようである。筆者は残念ながらまだうまく使えていない。つーかこれマジで斜め方向で認識してんのかよ!とツッコミを入れたくなる。
内部にスピーカーが内蔵されているようで、ボールを転がした時とボタンを押下した際に非常に小さな音でユーザにフィードバックする。物理的なスイッチ音の方が大きいのでクリック時は気にならないが、ボールに関してはネジを巻いているような音を出す。ボール自体に抵抗があるので、その音であると認識しそうなほど自然なものなので、言わなければ全然気づかない所だろう。

Windowsでも動かしてみた。
普通に使える。Windows環境では5年以上前からホイールマウスを使っているので今更感動も何もない。で、横方向ホイールはうまく動いてくれないので、操作マニュアルでWindows2000及びXPでの動作を保証しているとはいえ、あくまでMac用のマウスとして考えた方が良いであろう。

で、総合的に見てどうなのかというところ。
ちょっと高いかな。凝った作りなんでこれくらいの値段は納得せざるを得ないが、シングルボタンとしても、2ボタンとしても、4ボタンとしても使える、シングルボタンマウスである。要はMacだからこその要求を満たしたマウスであって、Windowsマシンのために買うなら Logicool 等のマウスを選んだ方が間違いなく幸せになれるであろう。Macがメインの人なら買って損はしないかな、というのが結論である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/250

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2005年8月 4日 23:54に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「iTMS Japan キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」です。

次の記事は「iTMS利用状況」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。