« Mac mini ベンチマーク | Home | SEAT new Leon »

2005年7月10日

ライトバルブ交換

147のライトはどうも暗い。それにフォグも黄色ではなく普通の電球色な訳で、いつか交換してやろうと思っていた。フォグに関しては見栄えの話もあるんだろうが、これから夏になり箱根に行くようになれば、視界5mの霧の中を走行することもあるわけで、一度「夜間+濃霧+山道」のシチュエーションを経験すれば、フォグランプをそれなりのものに交換したくなるだろう。

で、とりあえずヘッドライトは高効率バルブにリプレース。HIDの真っ白な光って、どうも見辛くて好きになれないのである。何も考えずにHIDにしてしまえば光量は稼げるのだが、その辺りは好みの問題ということで。
作業自体はサクっと終わ・・・

らないのである。ヘッドライトバルブをリプレースした後、その調子でフォグに取りかかって数時間。フォグ側はフェンダーの奥に入っていて手が入れ辛い上に全然見えない。車に付属してきた説明書を読んでも「ロックを解除して交換します」ってどういう機構でロックしてあるのかくらい書いとけ!というわけで手探りでバルブを押さえている針金と数時間格闘、全然ハマってくれないのでイライラしていると、手の力が一瞬抜けた時に

コトン

ぎゃあああああああああああああああwせdrftgyふじこlp;「’!!!!!!!!!111!!!!111!!

手から落ちたバルブはアンダーカバーの上に転がってしまったのである。

で、翌日。

P1000465.JPG

バンパー下ろしちゃいました(笑
黄色はタッピングビス、青はトルクス(T30)、緑は8mm頭の六角である。タイヤハウス側のタッピングを3本外した後、インナーをひっぺがしつつ手を入れて六角とトルクスを外す。左側は全然手が入らないので、長めのトルクスドライバーが必須である。あとは下部のトルクスをがんがん外し、最後に上部で支えているトルクスを両側計4本外せばOK。
本来ならアンダーカバーだけ外せばことが済む訳だが、また手の感触だけでフォグを交換するのが嫌だったので、ライトレンズを全部外して、見える位置で交換することにした。

P1000459.JPG

しかし、これって開口部の大きめなバンパーにしたら結構迫力あるかも。

横にスペースが欲しかったので、今日は外に車を出して作業していたわけだが、近所の人が通りかかる度に、

「○○ちゃん、また車バラしてるの?暑いのにがんばるねー」
「おおっ、外車バラして自分で直すとはいい度胸してやがるな、はっはっは!頑張ってくれ!」
「なに、走れなくなっちゃった?え、電球交換してるだけ?あらそう・・・大変なのね・・・」
「こんどうちの車のタイヤ交換手伝ってくれない?」

どうやらご近所とはうまくいっているようである(笑

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/222

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2005年7月10日 19:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Mac mini ベンチマーク」です。

次の記事は「SEAT new Leon」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。