« 100km達成 | Home | URIメモ »

2005年6月17日

○?×?…ひどい駆け込み、ケガは自己責任と車掌放送

 JR中央線国分寺駅で今月4日、東京行き快速電車の閉まりかけたドアをこじ開けて乗った男性客に対し、車掌が「駆け込み乗車は危険です。大けがをすることになります。それで大けがをしても、そちら(乗客)の責任です」と車内アナウンスした。

素晴らしい。是非これを鉄道全社標準にして頂きたい。

これを聞いた別の乗客がJR東日本に抗議、同社は「言葉に配慮がなかった」と非を認め、車掌を指導した。だが駆け込み乗車は実際に事故につながる危険な行為。発車が遅れると運転士は、JR福知山線事故でもクローズアップされた「回復運転」を強いられることにもなる。識者は「利用者の側も、駆け込み乗車の危険性と、多くの人が迷惑を被ることを認識するべきだ」と指摘している。

遅延が原因で100名以上死んだ事故があった後だというのに、こういうのに抗議すると時事に疎い人なんじゃないか、と思われてしまう訳で。恥ずかしくないのかねぇ。
まあ「指導」は建前だろうけどね・・・。

アナウンスの内容を、新入学生、新社会人が居る4月だけ変更するのはどうか。

「駆け込み乗車は列車の遅れの原因となるばかりか、線路に転落してお客様の体の一部または全部が挽き肉になる等、思わぬ怪我の原因となります。おやめください。」
「駆け込み乗車は列車の遅れの原因となり、駆け込まれたお客様が間に合っても、他にご乗車されております、約1200人が全員遅刻することになります。おやめください。」
「駆け込み乗車は列車の遅れの原因となり、回復運転時に運転手が操作を誤る等して脱線し、線路に隣接している建造物に衝突する可能性があります。おやめください。」
「本日も京○をご利用頂きありがとうございます。この列車は、調布駅にて5両目1番ドアより駆け込まれたお客様が原因で、只今3分の遅れをもちまして運転しております。」
「はい13番線に電車到着しておりまーす、ホームの端を歩かないでくださーい、お客様のご都合でこの列車を止めた場合、概算で8,700万円の損害賠償をお支払いいただきまーす。下がってくださーい。」
「本日に限りましてこの列車はドアに人が挟まっていてもそのまま発車します。」

毎朝、発車の10分前には駅に着いて並んでいるので好き放題言ってみる。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/205

○?×?…ひどい駆け込み、ケガは自己責任と車掌放送d もう、戸締め灯がつかないレ... 続きを読む

コメント(2)

これがいいなぁ

「本日も京○をご利用頂きありがとうございます。この列車は、調布駅にて5両目1番ドアより駆け込まれたお客様が原因で、只今3分の遅れをもちまして運転しております。」

「さらしもの」にでもしない限りこういうのは減らなさそう。

まあソレが原因で暴力事件とかになっちゃう今の日本じゃ難しいかもしれませんね。
しかしこれが最善だと私も思っています。

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2005年6月17日 15:15に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「100km達成」です。

次の記事は「URIメモ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。