« 初物 | Home | 効果覿面 »

2005年6月 8日

認めない

inside.jpg

 Jobsのプレゼンテーション後、AppleのシニアバイスプレジデントPhil SchillerがMac上でWindowsを動かす問題について説明を行った。同氏によると、AppleではIntelチップを搭載したMac向けにWindowsを販売/サポートする計画はないという。
 「これは、サードパーティーがそうすることを妨げるものではない。おそらくどこかが対応してくるだろうが、われわれがそれを邪魔するようなことはない」(Schiller)
 しかし、Schillerは、他のコンピュータメーカーのハードウェア上でMac OS Xを動かせるようにする計画は同社にはないと言明した。「AppleのMac以外でMac OS Xを動かすことは認めない」(Schiller)


ハードも一緒に売ってるからOSを安く出せるわけで、互換機で動かされたらエラい損害だろうな。CPUとチップセットがIntel製もしくは互換品なだけで、他は今までのMacのままなんじゃないだろうか。
ネットを見ているとたまに誤解している人を見かけるが、プロセッサがIntelアーキテクチャになるからと言っても、それはDOS/Vマシンになるということとは等価ではない。IBMのPPC970(G5)を積んだAIXマシンでMacOSが動かないように、単純に同じ命令を解釈できるからと言って同じOSが走るということはない。リソースの管理方法やらデバイスの接続方法やらOS起動までの方法まで、違いは少なくない。
また、それを解析して互換品を出すメーカが現れるとしたら、既に出ていてもおかしくない。PowerPCがまるで特殊なプロセッサのように扱われているが、全然、そんなことはない。サードパーティー製のCPUアップグレードキットが出ている程である。少なくとも、現在流通しているDOS/Vマシンでは、Appleが明確な意思を持ってOS側で対応させない限り、MacOSが動くことはないだろう。
そもそもAT互換機で動かす必要性はAppleにとって皆無ではないか。自身でハードウェア設計から生産まですべてできる訳だし。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/195

コメント(1)

ちょっとMacOSも触りたい天邪鬼ユーザーとしては、
VMWareが仮想Macを対応してくれる可能性に期待しています。
とりあえずx86だし・・・w

IntelがPowerPCのライセンス生産する、と最初思いました。

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2005年6月 8日 14:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「初物」です。

次の記事は「効果覿面」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。