« 良い音 | Home | 100km達成 »

2005年6月15日

More spam from EU, Korea in May 2005

According to data from the Commtouch Spam Detection Center, a quarter of all spam messages come from the Japan-Korea region. Europe, particularly Western Europe, is responsible for similar volumes, while less than 20% of world spam is now sent from North America. On a national level, South Korea, the United States and China are the world's leading spam-sending countries. In a regional breakdown, Japan-Korea accounted for 25.78% of spam in May; Europe -- 24.71%; North America -- 18.48%; Greater China (China, HK, Taiwan) -- 16.32%; Asia-Pacific -- 4.73%; South America -- 9.38%. In a national breakdown, South Korea accounted for 23.30% of spam in May; the US -- 15.57%; China -- 13.76%; France -- 5.52%; Brazil -- 4.61%; Spain -- 3.17%; Canada -- 2.91%; United Kingdom -- 2.51%; Japan -- 2.48%; Germany -- 2.28%.

うちのメールサーバやwebサーバは韓国や中国、西欧からのコネクションを拒否している。毎日のように大量の香ばしいログに辟易していたのが、対策後は無くなりこそしないが不正中継のチャレンジやアタックが激減した。この辺りからのコネクション拒否は、該当地域からのアクセスの望まない(その地域へのサービスは行っていない)サーバに是非推奨したい対策である。 昔は多かった北米からの香ばしいログも、記事の通り減少傾向にある。また北米に関しては「無視しやがったらORBに登録するからな!」と一言付け加えて上流のadminにログ送ってやれば比較的早く対策される。

ていうかですね。

Japan 2.48%
Korea 23.30%

これを持ってして

japan-korea 25.78%

こういう表現は是非やめていただきたい。
ていうか10倍も差があるのに一緒にすんな!ヽ(`Д´)ノ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/203

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2005年6月15日 22:24に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「良い音」です。

次の記事は「100km達成」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。