« さて | Home | 桜の下でランチ »

2005年4月 6日

HDDの容量、「テラ」領域視野 日立製作所が新技術

HDDの容量、「テラ」領域視野 日立製作所が新技術

こういう技術先行ってどうなのかなぁ。圧縮する方の技術も日進月歩な訳で、1個の物理媒体に突っ込めるデータがどんどん膨大になっていく。つまり、そもそも使い道がない(高品質なデータであっても圧縮が効いている)という問題や、1台が壊れた時に被るダメージが大きいという問題があるわけで。1ドライブで1TBよりは、1ドライブ200GBで、しかも内部でRAID-1してくれたりした方が便利なんだがな。
インタフェースに関しても、もう少し高速なものが普及しないと駄目な気もしている。

私がメインに使ってるHDDは200GBのキャパがあるが、実際使ってるのは10GBくらいなんだよな・・・。NAS(使用30GB/空き170GB)に有る程度入れてあるってこともあるが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/145

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2005年4月 6日 16:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「さて」です。

次の記事は「桜の下でランチ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。