« IBMパソコン事業撤退? | Home | センスねぇなぁ »

2004年12月 8日

ついに ねんがんの…







「ついに ねんがんの AGAT18k をみつけたぞ!」




  そう かんけいないね

  つりあげてでも うばいとる

  ゆずってくれ たのむ!







「な なにをする きさまらー!」

おもちゃカメラに1万500円ってなんだよ!ありえねーよ!そんなに払えるか!


…あ、むちゃくちゃ下の方に同じのが出てる。しかもこっちのが安い上に希望落札価格ありじゃん。

( ゚∀゚) 上で争ってたお前ら、絶対自分で使おうとか思ってないだろ!下までよく見りゃ8,000円即決なのに。取りあえず上の方に上がってきたのを落札して、暫く寝かせてからプレミアつけて売りに出すんだろうな。

AGAT18kはベラルーシで作られていたカメラ。今では生産が止まっているため、デッドストック以外に新品で入手する手段がない。ボディこそプラスチック製だが、レンズはインダスター104を積んでいて、そこそこ良い画が撮れると評判のカメラ。一部のマニアには行き届いている感じもするが、まだ入手していない者も多く、入手しようとするとそれなりに競争しなければならない。ヤフオクには出ても週に2,3台。常に狙っている業者が居ると思えば希少性も理解に難くないだろう。

到着が非常に楽しみである。
ちなみにウンコ臭いと評判のミノックスコピー、KIEV35Aも落札しているのは内緒だ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/45

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2004年12月 8日 01:01に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「IBMパソコン事業撤退?」です。

次の記事は「センスねぇなぁ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。