« いせや | Home | install Bundle::CPAN »

2004年11月 7日

大谷資料館

P1000335.JPG
P1000342.JPG
P1000340.JPG
P1000351.JPG
大谷石の採掘場跡、大谷資料館に行ってきた。坑内の石柱は写真ではわかりにくいかもしれないが、ちょっとしたビルと同じくらいの高さがある。もう距離感が狂いまくりだ。ここに詰まってた石は掘り出してしまったわけで、よく掘ったなぁと関心してしまう。それもそのはずで、奈良時代から掘り始めて、今日もまだ(少し場所は離れるが)掘っているとのこと。詳しくは大谷資料館のサイトを参照のこと。(注意:音が出ます)
行き帰りとも渋滞で酷い目に遭ったが、それでも行った価値はあったかな。

大きな写真を1枚だけアップします。
LocationMap powered by Mapion

今回、三脚を持って行かなかったことを激しく後悔。ロクな写真が撮れなかった。写真よりも、実際に見るべきだとは思うが、このパースが狂った漫画にそのまま入ってしまったような感じは、SF好きなら一度は体験してみると良いだろう。坑内は平均気温8℃で、冬場は2℃まで下がるので厚着をしていったほうが良い。
夏場にまた行くかな。次は三脚とPowerShotS1を持って行こう。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/10

まるで、地下神殿でした!! ここは栃木県宇都宮市の大谷資料館の地下採掘場です。 大谷石という石の採掘場です。 すごいおしゃれなところだ... 続きを読む

コメント(2)

はじめまして!
わたしも大谷資料館地下採掘場に行きました!!
わたしは三脚を持っていったので、たくさん地下採掘場の写真を撮れました。TBさせていただきましたので、よろしければ
わたしの写真ご覧下さい。 

TBどうもです。
ココは死ぬまでに一度は見ておくべきですよね。

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2004年11月 7日 22:02に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「いせや」です。

次の記事は「install Bundle::CPAN」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。