« 泡盛は当面禁止の方向で | Home | クリスマスソング »

2004年11月30日

プログラマと営業の価値観における断絶

エンジニアの「常識」、外から見ると?
これに関連して、営業に分かりやすく「難しさ」を説明するやり方を。

営業 「このシステムなんだけどさ、n人月でできるよね?」
開発 「このシステムは大学入試用の数学問題集を1000ページやるのと同じ労力です。」

身近なものに置き換えてやったり。それでも文句を言う奴が居たら、(条件が揃ってないと使えないが)

開発 「前回のシステムは、15万行のプログラムでした。原稿用紙7500枚、300万文字です。電話帳と勝負できます。」

多少の語弊や誇張があってもいいので、分かりやすく具体例を挙げて言うと良い。更に、

開発 「1文字間違ってもシステムが止まります。砂糖1kgのうち、1粒が塩でも誤請求が出るかもしれません。」

「んな馬鹿な(おおげさな)ことを・・・」と言われて、最後に一言。

開発 「コンピュータは間違った命令と、正しい命令の区別はできません。気分で正誤を変える機械なら、今頃核ミサイルが勝手に飛んで、貴方も私も炭素の塊になってますよ?」

ご利用は計画的に。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.unnamed.jp/cms/mt-tb.cgi/40

コメント(1)

う~ん、実際の感触として、そういう話の持って行き方が「技術者」なんだと思っていたりします。
なんとなく、技術者チックな言い回しが既に気に入らない、とか。そういうレベルなのかと。
たとえ、見下さず、適切に客観的な表現を持ってしても、それはやはり技術者の言葉、と捉えられるでしょう。
まぁ、そこは「我慢してくれ」と営業に言うしか無い部分でもあると思います。今回のテーマとしては、範囲の外のお話なのかもしれません。

私がいる身近な現場での問題は、こういった営業チックな人が上司にいることなんですけどね。

コメントする

この記事について

このページは、sakura2kが2004年11月30日 00:23に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「泡盛は当面禁止の方向で」です。

次の記事は「クリスマスソング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。