2015年9月26日

2014年北海道ツーリング備忘録

各種スポットの感想等はそういうサイトのほうが写真入りでよりリッチに解説されているでしょうから、感じた事やら行かないと分らない事等をまとめておきます。もう今年のシーズンは終わりかけていますが、2015-2016年のシーズンにでも誰かが参考にしてくれたらなと。

長くなりますが情報量多めで参ります。(2015/09一部追記)

  • プランニング
    結論:事前に何も決めず、天気をスマホでチェック、晴れてる方向へ。限度は1日300km〜400km。バイクを選べるなら400cc以上で荷物が積めるとラク。
    バイクで行くとなると、公共交通機関を使う北海道へのIN/OUT以外はプランニングしてもあまり意味がありません。自然や風景を楽しむ北海道ツーリングでは結局のところ天気次第で行動が決まってきますので(悪天候の景勝地ほど残念なものはないです)、当日朝にタブレットPC等でGPV気象予報を見てざっくりどの方向に行くかを決めて取り敢えず走り出す事になります。
    途中休憩を取る際に諸々観光地を調べたりする訳ですが、スマートフォンは使えるエリアが限られてきますので、紙のガイドブックを持参したほうが良いです。
    信号が少なく流れの速い北海道では下道60km/h、高速100km/hでほぼ正確な走行時間が算出できます。是非はともかくとして、実際には下道80〜100km/h、高速120-140km/hで流れています。最近の非力な250ccだと高速は風にも後続にも煽られて本当にシンドいです。よって250ccなら1日300km、大型ツアラー等でも1日350〜400kmくらいが限度だと思います。

    私が乗っているFZ1 Fazerは「ぼくのかんがえた、さいきょうのほっかいどうつーりんぐましん」のつもりだったんですが、全然そんな事はなくケツが痛いわ手は痺れるわ荷物は積めないわ(荷掛けフックすら付かない)で微妙すぎました。もしバイクを選べるなら、林道やダートを走らないという前提ならFJR1300や1400GTRを代表とした「正統派」のツアラーバイクにしたでしょうね。林道に行くならテネレとかR1200GSとか、その辺でしょう。

    で、1日のざっくりプランニングの最後は宿泊場所をどう決めるかって話になるわけですがそれは次に。

  • 宿泊をどうするか
    結論:ホテルなら当日朝の時点でネット予約、空きがなければとほ宿。キャンプ連泊は疲れる。節約するならライハ(但し楽しいかどうかは運次第)。
    どうしても観光したいスポットの近辺にはキャンプ等でアプローチすることになります。前にも書きましたがツーリングプランは天候次第なので、ホテルを旅行前に予約してしまうと悪天候でもその近辺に行かざるを得なくなり、大変残念な思いをすることになります。

    体力次第だと思いますが、キャンプで1泊したら翌日はホテルorとほ宿、節約するならライハという感じで組み立てると無理がないかなと思います。

    そもそも、一人の飛び込みでホテルが取れるエリアは限られていて、夏の繁忙期では室蘭、留萌、根室、日高、富良野辺りで泊まるにはライハかとほ宿以外ありません。ビジホだらけの札幌はともかく、旭川や北見、釧路辺りの観光地に近い辺りでも思い切り足元を見られた金額になりますので、充電等でどうしてもホテル泊にしたいなら安い部屋に空きのある朝イチで楽天なりじゃらんなりで予約したほうが良いでしょう。
    広間に雑魚寝のライハは他の客次第な部分があります。人付き合いがちょっと面倒な時は避けたほうが無難です(私はあまり気にしませんが)。

  • 持って行って良かった道具
    テント...小川テント ミルフォード23:2-3人用のテントで仕舞寸法の小さいものを選びました。同スペックは同じく小川のステイシー、ダンロップのR227、モンベルのムーンライト3型辺りです。全ての荷物をテント内に入れてもシュラフが余裕で設置できるので防犯上好ましく、利便性は言うまでもありません。
    来年行くとしたら、設営が簡単で小型軽量なもの(ケシュアとか)に替えるかもしれません。走って疲れてるのに設営が面倒なのは良くないです。

    シュラフ...ロゴス ウルトラコンパクトシュラフ・6:快適温度+6度のシュラフです。コレも仕舞寸法優先で、暑い道央にも寒い道北にも対応できました。

    椅子...ヘリノックス グランドチェア:仕舞寸法が小さく、ローテーブルと相性抜群。

    銀マット...メーカー不明780円:インフレータブルのモノだと仕舞寸法が小さく軽量ですが、最長で6日はテント泊の可能性ありという事で耐久性を重視。

    携帯ラジオ:テントを設営したまま周辺を散策する際、近寄ったら音が聞こえる程度に鳴らしておくと微妙に防犯効果があります。お隣がいる時は挨拶して顔を覚えて貰いましょう。

    ランタン...ジェントスEX-757MS:まあコレもテッパンですね。

    ヘッドライト...ジェントスGTR-931H:40lmありゃトイレには十分。ヘッドライトがあればナニを触った手でランタンを持たなくて良くなります。

    テーブル...鹿番長のアレ:そのままググれば出てきます。テッパン。テーブルというか地面以外の平面が無いとキャンプの際に不便です。

    合成セーム皮...洗車用の奴:テント撤収時、結露を拭き取る為に使います。コレの有無で撤収速度がだいぶ変わってきます。保管する際は完全に乾かしてはいけません。濡れた状態で密封保管しないと、ガビガビになって使えなくなります。

    サンダル...クロックスの偽物:偽物でOKです。壊れたら捨ててきましょう。キャンプ場や船内でとても活躍します。推奨はしませんがこの手のサンダルならバイクの運転もできますし、虫のいるキャンプ場では靴下を履いたまま過ごしたいもので。ビーサンでは靴下と併用できないので注意が必要です。

    PC...ASUS Vivotab note 8:所謂8インチWindowsタブレットです。MicroUSBで充電でき軽量で安価で旅行向き。最悪ブチ壊れても軽く泣く程度で済みます。スマホでは見られないGPV天気予報を見るのにも使えます。

    USBバッテリ...Anker Astro3:12,000mAhのもので、携帯とGoPro、SENA、タブレットPCの充電が余裕で出来ます。バッテリ自体への充電はバイクのUSB電源からじっくり行うか、ホテル等で。

    レインウェア...ゴアテックスのやつ:安くて染みてくるレインウェアは使い物になりません。特に着替えの限られている北海道ツーリングでは、衣類が濡れる事は徹底して防がないといけません。

    iPhoneと防水マウント:バイクのUSB電源から常時給電してナビに利用します。音声はBTインカム(SENA)に送ってやるのが必須になります。画面なんて見てる余裕も無いですし、そもそも逆光だと見ることすらできません。

    ナビアプリ...アイシンAW NAVIelite:トヨタ純正ナビをそのまま移植したようなモノで、圏外でも使えます。かなり投資して様々アプリを試しましたが、コレが今のところ個人的ベストチョイスです。精度も案内も最新の自動車専用ナビとそれほど遜色ありません。ただ、オートリルートする際に一度設定したルートに拘る傾向があります。そうなったら手動で再検索してやればOKです。

    自転車用チェーンロック:バイクを降りた後、ヘルメットをバイクに固定するために使います。サイドバッグを付けるとメットロックが使えなくなる事がありますので、その対策ですね。メットを盗られるとレッカー以外に方法がなくなります。

    ライジャケ...3シーズン(防寒インナー付きの冬寄り設計):後述。

    グローブ...夏用メッシュと雨用を1双ずつ:後述。

    ブーツ...メッシュブーツとレインカバー:テッパン。

    ヘルメット...フルフェイスorシステム:後述。

    雑巾、または洗車クロス:バイクの写真を撮りたいなら。

    シートバッグ...タナックス MFK-102:テッパン。弱点があるとすれば利用者が多すぎてフェリー等で荷物を下ろすと他の人と混ざる。

    サイドバッグ...車両に合ったもの:FZ1ならタナックスのMFK-187がジャストフィット。

    タンクバッグ...タナックスMFK-001:これもテッパンすぎて説明不要でしょう。どんだけタナックス好きなんだよ!貴重品はここに。

    出張用洗濯洗剤:洗濯前提なら荷物がだいぶ減ります。コインランドリーはホテル等で。

    出張用シャンプー&ボディソープ:キャンプするなら必須。シャワールームで利用。

    長袖Tシャツ:肌寒い時に何かと重宝。1枚あれば十分。

    長袖機能性下着:RSタイチやらコミネやらが出しているバイク用の長袖。ライジャケがベタベタしなくなり、上に着ているTシャツやポロシャツが長持ち(洗わず2日くらいは着れる?個人差あり。)します。

    ユニクロのステテコ風なパンツ:ズボンがベタベタしなくなり快適。

    ライター...ウィンドミルAWL-10:道北は風が強くタバコを吸うにも一苦労。アウトドア用のライターが必須。しかしこのライターは安物補充ガスを使うとすぐ詰まります。長期滞在を予定しているならコンビニターボライターで代用可。



  • 要らなかった道具
    焚き火台:時間があったら雰囲気だけ楽しもうと焚き火台(笑's B6君)を持っていきましたが、疲れ果ててキャンプ場に辿り着いた後、更に汗だくでテント設営をやっているので使う気になりませんでした。

    調理道具:調理をする道具や調味料は結局使いませんでした。いっぱい走ってすぐにでも休みたいのに、そこから調理なんてやってられません。セイコマでホットシェフの弁当を買いましょう。これも北海道の味です。大きめなキャンプ場を選べばレンタルもありますし、朝のコーヒーは自販機かセイコマで。

    秋冬向けの服:後述。そこまで寒くないです。フリースとか要らない。

    リュックサック、ボディバッグ:長距離だと肩が終わりますしウェアの通気も妨げます。ダメ、絶対。

    非常用食料:セイコマへGO。よほどの山奥に行くなら話は別。

    常備薬:持病の薬、処方薬等は別として、その他常備薬は必要になったらツルハドラッグへGO。

    予備燃料タンク:ホクレンSSがいくらでもあるので、入れられるときに入れる、を順守。タンクが小さいバイクなら話は別。

  • 服装とライディングギア
    結論:ライジャケは3シーズン+防寒インナー、あとは夏服と予備の長袖Tシャツ。余裕があればバイク用機能性下着。手持ちは3日分で現地洗濯。
    この辺りは初めて北海道ツーリングをする人達がとても気にする所ですね。2ch等でもスレッドが荒れる原因になったりしているようです(笑)
    極端な例ですが、朝にを稚内を出てオホーツク海沿いを南下すると、稚内(18度)→紋別(28度)→網走(31度)→斜里(30度)→ウトロ(29度)→知床峠→羅臼(17度)→標津(13度)という風に気温が変わります。なので「このウェアで行け!」という指示が難しいわけです。
    で、ライジャケは3シーズン用で冬寄りのモノ(コミネ JK-553)を着ていきました。付属している冬用インナーも圧縮袋に入れて持参し、北海道全域で非常に快適でした。ただし・・・今回は帰路に太平洋フェリーを利用したため仙台から東京まで自走したのですが、25度くらいが快適なウェアで真夏の東北→関東を走るのは言うまでもなく地獄です。アスファルトの上は気温が40度を超えてきますからね。ここは今後の課題です。

    ライジャケの下はポロシャツとRSタイチかどっかの長袖インナーを3セット、寒い日用にロンTと光電子タイツを2セット持っていきました。基本、洗濯できる所に宿泊して毎日洗濯します。下着含め1日分ごとに小分けし旅行用の圧縮袋に入れておくと、パッキングサイズが小さくなり防水効果も見込めるのでオススメです。

    寒すぎるケースを想定してフリースの上下を持って行きましたが、これは使いませんでした。ロンT2枚を重ねれば十分です。冬用の防寒タイツも仕舞寸法が小さく役に立ちますが、若干寝苦しいです。

    ヘルメットはショーエイのNEOTECで、若干重く価格も高い方になりますが気温は低くとも日差しの強い北海道ではインナーバイザーに何度も助けられました。暑くなったらシールドだけなくチンガードからガバっと開けてしまえば大変涼しく走ることができます。シールドの付いていないヘルメットは4-5分に1度は顔面に虫の直撃を受けることになりますし、長期のツーリングではヘルメットの形に日焼けしますのでお勧めできません。

    ヘルメットのシールドは半日で気になる程度には虫が張り付きますので、専用のクリーニング剤は持っていった方がいいです。道内でこの手の用品を調達するのは難しい(大きなバイク用品店は札幌にしかない)ので、道外から持参しましょう。頻繁に拭くので堅い布はシールドに磨き傷が入ります。大きめなマイクロファイバー製メガネ拭きがあるととても活躍します。

    グローブは手に時間を掛けて手に合ったものを選んで持って行くと良いでしょう。私はRSタイチのメッシュグローブと、雨の日用に2りんかんブランドのネオプレンゴム製グローブを持っていきました。手が濡れるのを気にせず雨の日でもメッシュグローブで走る方も居られますが、北海道で雨に降られると深刻なレベルで寒くなる上に気温も上がらないので室内でも翌朝までに乾かず、とってもクサいグローブで憂鬱なツーリングになる恐れがあります。雨用を分けて用意したほうが無難です。

    シューズは足に合うモノならなんでもいいと思いますが、防水性だけはケアしたほうが良いでしょう。ただ、防水性だけが高く通気性の悪いものは非常にクサくなります。対策として毎日靴下を使い捨てにするツワモノも居ますが、グランズレメディか何かを靴にぶちまけて使ったほうがエコですかね。


  • その他
    道南、道央はその気になればLCC+レンタカーで安価に1泊旅行できます。そういう旅行のできない道北、道東に絞って行動すると後悔しないです。
    市街地の入口では速度制限が掛かります。当然取締もやってますので、街が見えてきたら減速しましょう。
    道北では速度よりも追越の取締がメイン(道民Sさん談)とのことで、中央線がオレンジになったら危険回避以外の追越、すり抜けは避けましょう。広大な北海道らしく双眼鏡で見張っているとのことです。居ないと思ってラフな運転をすると、いつの間にか白バイが背後に張り付いてたり。
    左側を走っていると無茶な追越をする四輪が居ますので、堂々と車線の真ん中を走って安全なところで抜かせましょう。
    レンタカーには日本人が乗っているとは限らないと思ったほうがいいです。アジア圏の運転スタイルのまま乗っている外国人が居て大変危険です。
    ホクレンフラッグは取り扱いのないGSがあります。ホクレンのサイトで確認してから行きましょう。1回の給油で2本まで買えます。
    都市部と違い日曜休みのGSが多いです。入れられるときに入れるのが鉄則です。
    最終日に宅配便で荷物をごっそり自宅に送るとバイクが軽くて幸せになります。
    同じフェリー会社でも船舶によって設備が変わります。食事が出来ない便もあるので、カップラーメンくらいは持っていったほうが良いです。
    セイコマのホットシェフは美味しいですが、その他の食べ物は普通(人によっては平均以下という評価)です。
    メシは地元の人に店を教えて貰ったほうが無難です。大変残念ながら観光客向けの地雷店も少なからずあります。市場で海鮮丼をビルドするアレも「同じ金額でもっと美味いの2回食える」と教えて貰えたりします。
    早朝と夕方以降は野生動物が路上に出てきます。バイクで鹿に衝突したら良くて大怪我、ヘタしたら命に関わりますので、そういう時間帯は移動しないようにしましょう。
    バイクの写真も撮りたいなら雑巾を一枚持って行くといいです。虫で汚れますが洗車する場所なんてありません。キャンプ場で雑巾使って拭き上げましょう。
    札幌以外でアツい夜を過ごしたいなら北見か帯広(道民Sさん談)だそうです。詳しくは知りません。

2014年6月 7日

今更バイクとかバカじゃないの?に対する回答

はいバカです。

 で終わりなんですがね。それだけじゃ寂しいのでツラツラと理由みたいなものを並べておきます。
一言で言うと楽しいですよ。二言でいうとすげー楽しいです。楽しいですが、危険予測が人並み以上に出来る人以外には今のところ勧めていません。危ないのは確かですからね。とりあえず楽しさだけは伝えておいて乗るのはご自身の判断でw というのが私のスタンスでございます。
 将来乗るかもっていう人は免許だけでも取っておいた方がいいですよ。バイクの運転は軽いスポーツですので、フィジカルな部分で衰えてしまった後では教習所から出られないケースもあります。

じゃあ具体的に何がどう楽しいのか、そもそも危ないだろアホが、といったところに答えていきます。
続きを読む: 今更バイクとかバカじゃないの?に対する回答

2014年5月31日

大型自動二輪免許取得

■中即大
普通二輪免許取得から2ヶ月と少しでしたが、先人の教え通り中即大で大型を取得してきました。普通二輪取得後にすぐ買ったのはGSR250(新古車)。

送信者 2014-05-31

初心者向けという触れ込みだったので選んだバイクですが、その通りでした。非常に素直な味付けで、ちゃんとエンジンを意識しないとうまく走らせられない事もあって安楽さとは程遠いバイクでした。ダラダラ流すだけなら問題ないですけどね。シフト操作がとにかく忙しく、60km/hで6速に入ってしまうレベル。低速からトルクは出るので発進は全く難しくはないですが、慣れてきて雑な操作をすると当然のようにエンストします。よって基本操作を丁寧に繰り返す必要があり、その辺りが初心者向けって事なんでしょう。


送信者 2014-05-31

で、所有期間はものの2ヶ月ではありましたがGSR250は売り払って次のバイクの資金に回すことにしました。走行距離は3000km程。気を付けて乗っていたのと、査定前に入念に手を入れておいたので「極上車」扱いで売れました。
普通に考えて新車でバイクを買う必要はなかったのですが、程よいボロ中古が無く泣く泣く購入したというのが本音のところです。とはいえ、悪い買い物ではなかったのですが。中国市場向けのバイクだけあって、新車でも他社の250ccクラスと比べてバカみたく安かったのです。

■ステップアップ取得の理由
わざわざ中即大でステップアップしたのには理由があります。

何かしら免許をお持ちの方ならご存知だろうと思いますが、教習所で教わった事を100%守っていると自損事故は避けられても貰い事故は避けられないということです。都内でキープレフトなんぞしていたら真横にタクシーが割り込んできて並走状態になりますし、高速道路の渋滞末尾ですり抜けずに律儀に待っていたら追突されかねません(で、追突されたらたぶん助かりません)。速度標識も順守してしまうと場所によっては無理な追い越しを掛けられたりして大変危険です。

そういった教習所と公道のギャップを埋めた上で大型に進んだほうが良いだろうと思った訳です。ほぼ生身で100ps、モノによっては200ps近いエンジンに跨って走るわけですからスキル不足がそのままリスクになります。

次はFZ1 Fazerの国内仕様にしました。YZF-R1のエンジンを台無しにした何かが載っているバイクですが、どうせフルパワーなんぞ扱えないので気にしない事にします。ハーフカウル付きで高速走行も若干はラクになるでしょうし、重量増45kgに対しパワーは4倍になりますので追い越しで加速が足りずに後ろに突かれることも減るでしょう。

■ついでに
これから教習所に行く方に向け、先に買っておくといいものを列挙しておきます。

  • ヘルメット(眼鏡掛けてる人はシステムヘルメットがお勧め)
  • グローブ(季節に合ったもの)
  • ライディングブーツ(踵のあるもの、且つつま先のあまり広くないもの)
上記はだいたい教習所で貸してくれますが、バイクの運転はどうしても汗をかきますし前の利用者の汗が微妙に乾かないままべっとりついたメットを被りたい、という人はあまり居ないのではないでしょうか。ブーツは普段使いできそうなモノを選びがちですが、教習車はシフトペダルの調整をしてから乗るわけにはいかず、あまりつま先の広いものを買うとシフト操作の邪魔になります。

次に要らないものですが、

  • プロテクター付きライディングジャケット(免許取ってからでOK)
です。教習所ではプロテクター装着が義務付けられますので、中にソレが仕込んであるジャケットを着ると大変ゴワゴワして動きづらくなります。教官に交渉すればゼッケンを付けるだけでOKになる事もありますが、都度交渉するのも大変面倒なので普段着(長袖)で乗ったほうがいいでしょう。
夏用のメッシュ、3シーズン、冬用と3着は必要になるので、後からじっくり選んで買うべきでしょう。

普通と大型で短期間に2回受けた検定ですが、型の決まった踊りを披露するようなものだと思って取り組むとやりやすいです。別の例えをするなら音ゲーのようなものですね。

まあそんな感じで。
FZ1ではバイク乗りの聖地と言われる北海道に行きたいところです。あとは納車後にでも。

2014年3月12日

普通二輪免許取得

夜中にニコニコ動画を見ていて、バイクで北海道とか行きてーなー、と思ってしまったわけです。


社会人でも時間をうまく使えば免許取得は難しくありません。
出勤前の1時間、退社後の1時間、祝祭日をそれぞれうまく使えば1ヶ月掛からず普通二輪(中免)は取得できます。
大型は必要教習時間が2倍になりますので、1ヶ月半くらい見ればいいんじゃないでしょうか。

短期間で取得するためのノウハウを以下に。

  • 学生が暇してる時期は避ける
 と言いながら私は2/E〜3/Mという超繁忙期に取得した訳ですが、2週間先まで1時間たりとも実技教習が空いてない、なんて事もザラです。私も入校後にその事実を目の当たりにして、キャンセル待ち中心に切り替えました。周囲を見渡せばほぼ全員が大学生、彼らが暇な時期は避けるべきでしょう。

  • 教習所は家の近所ではなく通勤経路途中の所へ
 休日は前項の学生に加えて我々のような社会人も教習を受けに来るので、時期に関わらず混んでいます。よって、通うなら平日のほうが幾らかマシです。通勤経路上にあれば、迂回したり反対方向に向かうよりは通いやすいでしょう。

  • 予約は夜の最終枠だけを確実に押さえる
 教習所によっては1-2万円ほど追加で積むと、優先的に予約を押さえてくれる仕組みがあります。学生との一番大きな違いは経済力な訳ですから、そこは金に物を言わせて、会社帰りの時間帯をまとめて全部押さえてしまいます。2週間程の間は、夜の付き合いが悪くなる旨を周囲に理解してもらう必要があります(笑) また、夜のほうが予約は取りやすくキャンセルは出にくい傾向でした。ただし、通う教習所によって傾向が違うと思いますので、適宜ご判断を。また、直接教習所で契約するのではなく、大きめのバイク屋で優待チケットを貰ったり、イトーヨーカドーの免許カウンターを使うと多少割り引かれたりします。教習所の名前でググれば何かしら出てくるでしょう。

  • 朝はキャンセル待ち一番乗りを死守
 朝1番の予約はとても難しく、キャンセル待ちして乗ったほうが確実です。他の教習生も自分と同じ人間ですので、40人分からある実技教習枠のうち、1-2名は必ず寝坊してくれます。それを毎朝掻っ攫って行くイメージです。こちらも通う教習所によって傾向が違うでしょう。また、社会人としての信用を損なわないよう、朝イチの客先打合せなどは10:30や11:00で調整すると良いでしょう。理由はテキトーに。

  • 休日は規定時間数乗れるまではキャンセル待ちを続ける
 普通自動二輪では1段階目(9時間)は1日2時間まで、2段階目(8時間)は1日3時間まで、最大で2時間まで連続して乗れます。私は平日夜間の分、溢れた仕事をしながらキャンセル待ちをしていました。時期にもよるでしょうが、昼過ぎまでには3時間乗って帰宅できています。

平日の行動パターンは以下のようになります。ご参考までに。

AM 6:00 起床 持ち物はヘルメット、グローブとスーツ一式。普段着(中にワイシャツ)のまま行動開始します。
AM 7:30 教習所到着、キャンセル待ち開始。
AM 8:15 キャンセル待ちが通ったら実技教習、ダメだったら諦めて更衣室でスーツに着替え、出社。
AM 9:10 実技教習終わり。更衣室でスーツに着替えて通りに出てタクシーを拾い最寄り駅へ。
AM 9:25 最寄り駅到着、ヘルメットと普段着をコインロッカーにブチ込んで電車に乗る。
AM 10:00 出社、または客先訪問
・・・
PM 6:00 退社。
PM 6:30 コインロッカーから普段着とヘルメットをピックアップし、タクシーで教習所へ。
PM 7:10 着替えて最終枠での実技教習。
PM 8:00 送迎バスで帰宅。

必要なものは、
  • ヘルメットと普段着/スーツが入る大きめのバッグ
  • スーツにも合う控えめなデザインのブーツ(ブーツとヘルメットは教習所で貸してくれますが、状態は良くありません)
の2点でしょう。「長袖上下」という基準なので一応問題はないのですが、スーツのまま教習を受けようとは思わないほうがいいです。軽くコケただけでスーツは即座に破れます。

このようなやり方で、2週間ちょいで免許の取得ができました。ご参考までに。

2013年6月24日

VWからAudiへ

もはや車を買い換えた時にしか更新されないブログと化しております。
皆様如何お過ごしでしょうか。RSSリーダーにこのブログを入れてくださっている方も皆無の状態ですので、もはや自身のメモ書きでしかありません。とはいえ恒例行事ではあるので更新して参ります。

VWシロッコに乗り換えたのが2012年の4月、2013年初頭には諸々の転機があり、職を変えたり、「家賃を捨てるくらいなら(金利が安いうちに)買っちまえ」とマンションを購入してみたり、人生的には最大の転機であろう結婚には残念ながら無縁な状況ではありますが・・・ともあれ環境が変わったのは事実でございます。

実家のE90は相変わらず自由には使えるものの、実家まで片道50kmともなれば気軽に使える状況ではなく、シロッコ1台では生活にマッチしなくなってしまった、というわけです。しかしながらVWに乗りたい車はもうありません。PASSATに2L TSIを積んだ仕様があれば検討の俎上には載ったのでしょうが、ダウンサイジング・コンセプトに対する理解の無い日本市場で1.4Lシングルチャージャーのみ販売、という状況。早々に検討から外されました。(VWグループ的にはAudiとカニバるので2Lエンジン車は扱いたくないのでしょうが、日本では販売チャネルが全然違う(VWはトヨタ系列が相変わらず強い)んですよねぇ。。。本国含むEU圏では設定があるんですが。)

ともあれ、Audi、BMW、Cadillac、Chrysler 、Lexus、Mercedes、Volvoと大量に試乗を行った上で、A5 Sportbackへの乗り換えと相成りました。7月初旬に納車の予定です。

車を買うにあたって、車自体の良さも当然ですが営業マンの能力も大きなウエイトを占めてきます。買うに値する営業マンは以下をチェックしていけば判別できます。

  • 妥当な金額でのオファー
    • 無茶な値引きをする営業マンは早々に干されて居なくなります。長く付き合いたいなら、売り手側にも相応の利益が残る価格でないとダメです。事前に値引き幅もチェックしていくこと。
  • 自社製品のみならず、他社製品に対する適切な理解があり、それを踏まえた製品説明
    • あのメーカーのアレはクソですよ!というのは簡単だが、どうクソなのかが説明できるか否か。数字に追われすぎている(=売れない)営業は、他社の物は金塊ですら何も考えずにクソであると嘘の説明をします。
  • オプション類の使用感を含めた説明
    • 「XXさんなら、それは要らないんじゃないですか?」と言える営業マンは優秀であると言えます。
  • 納車に至るまでの細かなフォロー
    • 契約したら、金やらハンコやら書類やら、色々必要になります。いつ迄に、何を、どうやって、をきちんと説明できること。契約した車両が今どこに居て、どういう状態なのかを説明できること。
営業マンも人の子なので、完璧な人はそうそう居ません。足りない部分を率直に指摘し、改善できる人なら付き合う価値はあります。そうやって関係性を深めていくことで、納得の行く買い物になるのではないかと思います。
また、何度も言いますが営業マンも人の子ですので、「この客は買う気がなさそう」「この客はやたら高圧的で疲れる」「この客はクレーマー予備軍だ」と思えば、敢えて対応を悪くしたり、見積もりも「お断り」を踏まえた数字になってきます。1台でも多く売らないと嫁子供を食わせていけない訳ですから、無駄に時間を食う客を相手にするくらいなら、別の客を探すのは当然の心理です。

というわけで、今のところヨサゲな営業マンに出会え、購入に至ったわけです。
ニーズがあるかどうかは微妙ですが、インプレッションの類は納車後に。。。

2012年3月25日

そして乗り換えへ

2009年の夏ごろにmk5 GTI から mk6 GTI へ乗り換え、「こんどは5年乗る」等と公言しておりましたが、3年の車検切れどころか2年半での乗り換えとなりました。まだ車は来ていませんが、4月中旬には納車される予定です。

乗り換えの理由はいろいろ有るのですが、大まかには以下2点:

  1. 家族所有のE90 325iがかなり自由に使える
  2. ガソリン高いっすわー
ということで、1.4Lながらリッター100ps超えのパフォーマンスを持つVWのシロッコに乗り換えです。燃費もカタログ数値では15.4km/Lと優秀。VWは10/15モードチューニングなんざやっていませんので、カタログ数値と似たような、気をつけて走ればそれ以上にリッターあたりのマイレージを稼ぎます。

で、例によって乗り換えにあたり諸々パーツの選定を行う必要があり、メモがわりに以下へ。

  • ナビ
恐らく次の車へそのまま載せ替えするだろうから長寿命なものを。可動部品の少ないフラッシュメモリストレージを採用したナビからいくつか候補を挙げ、唯一通信機能を持った楽ナビAVIC-MRZ07に決定。09との違いはTVが12セグメント(09)またはワンセグ(07)。どちらにしても見ないので、安い07にしました。年度末ということもあり、6万円台前半というバーゲンプライス。

ただし、VWは買ってきたものがそのまま付くほど甘くはありません。以下が必要になります:

カナック企画 GE-VW202・・・1万4,000円程度、取り付け用のパネルキット
pb BIF-VW12L・・・2万5,000円程度、CAN-Busから各種信号の取り出し

前者はCAN-Busアダプタとのセットがあり、そちらを選んだ方が個別に買うよりも安いのですが、ステアリングリモコンを赤外線ではなく、ワイヤでパイオニアのナビに直結できるのは後者のCAN-Busアダプタになります。よって、個別に購入することにしました。CAN-Busから信号を抜き出さずとも、各種配線から分岐させることでナビの取り付けはできるのですが、今日までに何台もの車にDIYでナビを積んできた経験からして1日仕事になるのは確実で、めんどいのでパス。アダプタを使えば一瞬で終わり。

これから手配を掛けますが、VICSはFM多重のみとなる為、詳細な渋滞情報はWillcomの通信端末が別途必要となります。試しに付けてみて、ダメならまた別を考えます。


  • バックカメラ
ゴルフも後方視界が良いとはお世辞にも言えないのですが(Cピラーが太い)、シロッコは更に視界が狭いのです。綺麗に付けようと思うとリアバンパーを下ろさないとダメかもしれません。窓やミラーに水滴がついて更に視界が悪化する梅雨の前にはつけてしまいたいところです。候補はナビ男くんのコレ

  • ETC
ナビ連動型のモノが特価で買えそうなら、別途購入。今のところはキャリーオーバーの予定。

  • レーダー探知機
目から入力された情報に対する処理能力が、加齢につれ低下してきているため、チカチカと無駄に情報を表示するレーダー探知機の類は、最近鬱陶しく感じるようになってきました。そうでない物を探してみてはいるのですが、すっぱりと視覚による警告を無くし音のみで警告する製品はいくつか存在します。音だけでは、やはり若干衰えてきている聴覚のみに依存してしまうこと、W田氏に指摘を受けましたが、音声による警告は脳内に状態を持たせるため、信頼ならんということです。他に注意が行けば即座に警報の事など忘れてしまうでしょう。シンプルに音と小さなLED等で警告を行い、邪魔にならないサイズの物が出てくれば良いなと思います。

よって、良い製品が出るまでは現行の物をキャリーオーバーで利用します。

以上、メモ。


2011年3月21日

サーバをAmazon EC2上に設置しました

IMG_0221.jpg
大変ご無沙汰しております。
先の震災被災者の皆様におかれましては、生存者が一人でも多くなるよう、またより早くの復興をお祈り申し上げます。

さて、いつか来るであろうとは思っていた天変地異により、自宅にサーバなんて置いてる場合じゃない、という状況になってしまいました。節電だとかトラフィックの節約だとか、そういった社会的にメリットのある行動はさておき、「停電のたびに手動で停止/起動」なんてやってられないってのが本音です。

じゃあ、ってんでサーバをAmazon EC2(カリフォルニア)に置くことにしました。今なら8ヶ月弱は無料で micro インスタンスが使えますし、課金が開始してもメンテナンスの作業費や電気代を考えたら微々たる金額です。

以下、まとめです。


続きを読む: サーバをAmazon EC2上に設置しました

2010年2月20日

Twitterをやるとブログを書かなくなると言うが

その通りすぎますね。
思考をまとめ、文章として書き綴るというのが、どれだけ面倒な作業であるかというのがよく分かります。

というわけで、あまりにも放置しすぎなので写真を貼り付けて誤魔化すことにします。

P1010379

2009年9月24日

無事納車されました

大変ご無沙汰しております。
無事納車されましたが、(納車費用をケチったため自走で)ディーラーから車を受け取ったその1時間後にはインパネ周りをバラバラにして各種デバイスの装着作業を開始。最後の詰めのところで作業が難航しており、走行できるような状態ではありません。

そんなこんなで連休も終わってしまったので、続きはこの週末にやろうかなと。


以下俺メモ:
・ナビはフレキスタンドを買ってきてつける。助手席シートレールはトリプルスクエア止め。
・KOS-A300はステー製作が避けられない。諦めて作る。センターコンソールにぶら下げ?
・ドリルどっか行ったのでコーナンの安いの買う。充電めんどいので直結の。
・そういえば万力も行方不明。でっかいのは高いのかな。

2009年8月31日

さてさて

とりあえず民主ということになりそうですね。なんにせよ、うまくやっていただきたいものです。
広げた風呂敷の一部に、ガソリンの暫定税撤廃(+自動車税値上げ)なんて話がありましたが、それが通るなら3.2Lのアルファを中古で安く買えばよかったなと若干後悔しております。

最近のコメント

アイテム

  • IMG_0221.jpg